無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手袋メーカーの「繰り返し使える日本製マスク」が好評 抗菌・消臭・汚れを分解

インテリア

(画像は公式サイトより)

香川の手袋メーカー「フクシン」は2020年4月6日から、洗って繰り返し使えるマスクをウェブ販売しています。

手袋縫製技術とニット手袋の編立技術で緊急生産しているもので、再入荷してもすぐ売り切れる人気ぶりです。

UVカット率95%以上

フクシンの洗って使える「てぶくろ屋さんがつくった光触媒マスク」は、表側の生地には第一紡績の光触媒繊維サンダイアを使用。これは光を浴びると抗菌・消臭・汚れの分解機能を発揮し、また有害な紫外線をシャットアウト(UVカット率95%以上)してくれます。さらに、特殊紡績により、吸水・速乾機能と毛羽立ちを抑える機能も備わっています。

一方で肌に当たる裏側は、肌に優しいコットン100%を使用。使い心地のよさにもこだわっています。

生産は1日に100枚程度とのこと。

公式サイトによると、

「現在ご注文が殺到しており、マスクについてたくさんのお問い合わせをいただいております」

とのこと。

こういった状況のため、ここ最近はときおり再入荷するものの、すぐに売り切れています。再入荷のお知らせを登録すると、再入荷時に登録したアドレスにメールが届くので参考に。

価格は1650円。サイズはS・M・Lの3サイズ、カラーはホワイト、グレー、ピンク、ベージュ、ネイビーがあります。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ