無料の会員登録をすると
お気に入りができます

垢抜けには老け見えも若作りもNG!オトナ女子必見♡イタくならない今っぽ顔作りのポイント4つ

メイク

もしかして、そのメイク老け見えしてるかも…。せっかく綺麗にメイクしても、老けて見えてしまっていたら、もったいないですよね。かといって、トレンドを追いすぎて若作り感がでてしまうのも避けたい!今回はそんな人向けに、老け見えさせずに今っぽさを自然に取り入れたメイクの4つのポイントをご紹介します!

眉はトレンド意識!形よりも毛を活かしたメイクを

眉は特にトレンドに左右されるパーツです。それに加えて、眉によって顔の印象は大きく変わるので、どんな眉メイクをするかは老け見えの観点で、特に重要になります。

しっかり眉がある方がいいからと、ペンシルでがっつり描いた眉だと少し強すぎる印象があります。

最近は、自眉を活かしたメイクがトレンドです。それを上手くメイクで演出するには、眉の毛の動きを感じる仕上がりにするのがポイントです。

KATE 3Dアイブロウカラー BRー1

ブラシが長く、普段あまりアイブロウマスカラを使用しない方でも使いやすいアイテムです。

アイブロウマスカラで、眉の毛の存在感を出してみましょう。眉頭の部分の毛を少し立ち上げるようにするだけで、毛の存在感がでて簡単に今っぽく仕上げることができますよ。

リップはベタ塗りNG!軽く輪郭ぼかしを取り入れて

リップの輪郭をとって、べったり口紅を塗って仕上げていませんか?

せっかく綺麗な色でも、べったり塗りはどこか老け見え感を出してしまいます。口紅はしっかり塗っていても、どこか少し自然な、抜け感があるような仕上がりを目指しましょう。

M・A・C パウダーキスリップスティック スキャッタードペタルズ(右)/B.A カラーズ リップグロス PINK LIQUEUR(左)

ふわっとした仕上がりになるパウダーのマット系リップはそんな時に大活躍します。ピンク〜ベージュ系のものを土台として唇全体に塗ります。ふわっとした仕上がりなので、全体に塗っても少しぼかしが入ったような仕上がりになります。

この上から、お気に入りの口紅やグロスを唇の中心にちょこっとのせて軽く塗り広げてみてください。こうすることで、ちゃんと塗っているのに今っぽい唇に仕上がります。

また、ツヤがある方がさらに老け見え防止になりますよ。

せっかく綺麗にメイクアップするなら、老け見えを防止しつつ、今っぽさをやり過ぎ感のないよう取り入れてみてください!

オトナ女子こそ、今以上に魅力的に見えること間違いなしですよ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ