無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ナチュラルなのに驚くほどデカ目に!やらなきゃもったいない下まぶたメイクテク3選

メイク

私にとって、「デカ目」は永遠のメイクテーマ!以前は上まぶたにばかりに重点を置きがちだったのですが、下まぶたを意識するようにしたら、そのデカ目効果に驚きました。今回は、ナチュラルなのに驚くほどデカ目に見える、下まぶたメイクのコツを紹介させていただきます。

下まぶたにメイクしてますか?

メイクをする時、上まぶたはメイクするけれど下まぶたはしない、と言う人も多いのではないでしょうか?

実は、下まぶたはデカ目メイクにはかなり重要なパーツ!少し手を加えてあげるだけで、目の幅を拡張する効果が得られるのです。

今回は、下まぶたを最大限に生かしてナチュラルなのに目を大きく見せるメイクテクをご紹介します。

コンシーラーは目の際には塗らない

目の下のクマやくすみなどをカバーするためにコンシーラーを塗る際、目の下(ぷっくりする部分まで)は避けて塗りましょう。

目の際までコンシーラーを塗ってしまうと、陰影がなくなりのっぺりとした印象になり、目の縦幅が狭まった小粒目に見えてしまいます。

目の下を少し開けてコンシーラーを塗ることで、自然な陰影が残り、自然な涙袋も残ります。

更に、涙などでメイクヨレを防ぐ効果もあります。

下まぶたのアイシャドウで目の幅を拡張

下まぶたにアイシャドウを塗ると、目の輪郭を元の目のサイズより広く見せる効果が得られます。

とは言え、塗りすぎはNG!

まぶたは皮膚がよく動く部分なので、アイシャドウを塗りすぎるとヨレやすく、汚く見えてしまったり目の輪郭がぼやけて見えてしまうこともあるので要注意です。

アイシャドウで目の上下を囲うことで、今っぽさを出すことが出来て可愛いです。

そして、下まぶたの目尻に濃いアイシャドウで影を入れてあげることで、目の輪郭をさらに広げて見せることが出来ます。

この影の範囲は、それぞれの目の形によって入れる範囲が異なるのですが、すべて同じ幅で入れると目が丸くなり、逆に小さく見えてしまうことがあるので、目尻を広めに入れるのがデカ目に見えるポイントです!

私は、下まぶたの目尻がつり上っているので、アーモンドアイを意識して、目尻を下げるように目尻側に向けて広くなるように入れています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ