無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹も二の腕も一気に引き締め。「痩せた?」と聞かれる[ほっそりボディ]に導く簡単習慣

美容

鏡に映る自分の姿を見るたびに「少しでもぽっちゃり感をなくしたい」と感じる方は少なくないはず。特に理想的なほっそりボディを目指すなら、真っ先に目に飛び込むお腹周りや二の腕の引き締めやスラリ印象の美姿勢のキープは必須です。そこで習慣に採り入れたいのが、ヨガの簡単ポーズ【ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)】になります。

【ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)】

(1)膝立ちをして脚を腰幅くらいに開いてつま先を立てる

(2)そのまま両手で足首を持って上半身を後ろに反る

(3)胸を開けるところまで開いた状態でゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

なお、期待する効果をしっかり得るためには、体を倒し切った時に「胸を開き、リラックスした状態で首の位置をキープする」ことがポイント。首が力みすぎた状態(下写真)にならないように注意してください。

また、腰への負荷が大きいポーズとなるので「腰を痛めている時は行わない」ようにしましょう。

リラックス効果も高いウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)は就寝前などのくつろぎ時間に実践するのがオススメ。実践し続けることで上半身全体の柔軟性も増していきます。ぜひ「痩せた?」と聞かれる“ほっそりボディ”を叶えるべく習慣化してみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>

TOMOMI
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ