無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みんなは食品の備蓄をしている?缶詰やレトルト食品、米などママたちが買っているものは?

ライフスタイル

食品などの備蓄について、あるママから投稿がありました。

『震災の経験者だから、常に賞味期限が長い商品は備蓄して、期限が近付いたら食べての繰り返し。みんなは普段から備蓄はしているの?』

投稿者さんはいざというときのために備蓄をしているようです。他のママたちは食品などの備蓄をしているのでしょうか。

備蓄はしていない。その理由は?

防災バッグがある

『防災バックはあるけれど備蓄はしていない』
『作り置きはしているけれど備蓄はしていない。災害バッグはあるけどね』

特に備蓄をしていないママからは、防災バッグがあるからという理由が挙げられていました。防災バッグには賞味期限が長く、簡単に作れる食品などを入れているのでしょう。ママたちは防災バッグを備蓄代わりにしているようです。また普段からおかずなどの作り置きをしたり、場合によっては冷凍保存をするのも良さそうですね。

物を置きたくない

『あまり家に物を置きたくないから、備蓄はしない派』
『備蓄はしておく方がいいのはわかっているけれど、なんかストックしたくないの』

備蓄をしておくとその分保管場所をとることになりますね。収納スペースを備蓄にとられてしまうことになるでしょう。備蓄することによって収納スペースが圧迫されることに抵抗を感じるママもいるようです。普段から物が少ない生活をしていると、物が増えることが嫌になるケースもあるかもしれませんね。

ママたちは何を備蓄しているの?

賞味期限が長い食品

『地震を経験してから備蓄をしている。缶詰、フィッシュソーセージ、フルーツグラノーラ、野菜ジュース、水。ご飯は一気に炊いて、小分けして冷凍しているから、数日は大丈夫かな』
『米は5キロが4袋、ひとつ使えばひとつ買い足す。乾物麺もうどん、そば、そうめんを常に2袋ずつ。レトルトルーはカレー、ハヤシ、シチューなどは4箱ずつ、缶詰めはツナ缶、サバ缶は6個ずつ。600Lの冷蔵庫は、冷凍庫野菜庫も含めいっぱい。なるべく賞味期限が長く日持ちする物が多め。パンケーキミックスなども常備』
『備蓄というか、子どもが中学生だし、ある程度自分で食べられるくらいに置いているだけかな。カップ麺や冷凍食品のストックが常にある程度』

備蓄をしているママたちは、缶詰やレトルト食品、お米、水などを買い揃えているようです。お米の場合には1袋使ったらその分を買っておくというように、常に備蓄の数を一定にしておくのもいいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ