無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『あさイチ』ハッカ油の強い刺激に要注意 人によっては使えないことも

ライフスタイル

(kazmulka/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

27日放送の『あさイチ』(NHK)では、最近注目を集めている「ハッカ油」について特集。清涼感を感じる便利アイテムだが、使用する際には注意する点もあるそう。

あさイチ

■「ハッカ油」マスクの作り方

番組では、最近人気の暑さ対策グッズについて特集。その中でも、納涼アイテムとして注目を集めている「ハッカ油」の利用方法について解説した。

ハッカ油を使って清涼感のあるマスクを手作りする人も増えているが、直接肌につけたり、あまりにも沢山の量を吸い込んでしまうと、刺激が強くすぎることも。

そのため、ハッカ油を染み込ませたコットンとマスクを蓋付きの容器に一緒に入れておくことによって、程よく香りがうつり、清涼感のある「ハッカ油マスク」が完成するそうだ。

関連記事:加藤浩次、ユニクロの『エアリズムマスク』に驚き 着用した瞬間「あっ!」

加藤浩次、ユニクロの『エアリズムマスク』に驚き 着用した瞬間「あっ!」

■お風呂に入れるのもおすすめ

また、ハッカ油メーカーおすすめの利用方法はお風呂のお湯に垂らすというもの。入れすぎるとかえって寒さを感じてしまうため、まずは湯船に1滴から試していくのがポイントなよう。

さらに、スプレーボトルに移し替えて、シュッと一吹きしたたことろをくぐるだけでも十分な清涼感を感じることができるそうだ。

■使用する際には注意が必要

ハッカ油は、メントールが体の「冷たい」と感じるセンサーを刺激するため「涼しい」と錯覚するが、実際に体温が下がっているわけではない。そのため、熱中症対策として水分補給を忘れないように注意が必要とのこと。

また、刺激が非常に強いため、妊婦や乳幼児、アレルギー・呼吸器疾患のある人、肌が敏感な人は利用上の注意をよく読んでから使い始めることが大切。ペットを飼っている家庭も要注意だ。

関連記事:塗料メーカーが作った「冷感マスクスプレー」が最高 威力が違った…

塗料メーカーが作った「冷感マスクスプレー」が最高 威力が違った…

■半数以上が「暑さが苦手」

まもなく夏本番。毎年暑さにやられている人は多いはず。ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名を対象に「暑さについて」調査を実施したところ、全体の54.9%が「暑さと寒さでは、暑さのほうが苦手」と回答。性年代別に見ると、40代・60代の男性以外は半数以上が暑さを苦手としていることが判明した。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ