無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夫婦の営みの満足度がグッと高まる!5つの工夫

最近、夫婦のセックスがなんだか物足りない、つまらない、と思っている方。ちょっとした工夫で夜の夫婦生活の満足度はぐっと上がりますよ。ポイントはベッドの上だけでなく、その前後からの工夫。今回は5つのポイントをご紹介します。

ちょっとした工夫で、夫婦生活の満足度は上がる!

夫婦生活の満足度をUP!

最近、夫婦のセックスがなんだか物足りない、つまらない、と思っている方。ちょっとした工夫で夜の夫婦生活の満足度はぐっと上がりますよ。今回は5つの工夫をご紹介します。

1:性についてコミュニケーションする

夫婦で性について語りましょう

ニッポンの夫婦間では、性に関する会話が少なすぎると日々思っています。パートナーとのセックスに不満があっても、それを言わずにがまんしている。だから夫婦の営みがつまらないものになってしまうカップルが多いのです。

一度生まれてしまった相手のセックスへの不満を上手に指摘、修正するのはなかなか面倒ですが、最初から不満が生まれないように準備をしておくことはそんなに難しくありません。

パートナーとのセックスに不満が生まれないようにするにはどうしたらいいのか? 答えは簡単です。パートナーがどんなセックスが好きかを知って、それに合わせるようにすればいいのです。

ところが、ほとんどの人はパートナーとセックスの話をしたことがない。だから当然相手のセックスの嗜好を知らない。知らなければ、相手の好みに合ったことをしてあげられないのは当然です。

もちろん、その嗜好が自分にとって受け入れがたいような場合は別ですが、たいていの「気持ちよくない」「楽しくない」という不満は、相手の好みを知らないことが原因です。

キス一つをとっても、おでこへのライトな接触から、相手の唾液をむさぼりあうようなディープなものまでさまざま。好みは人それぞれのはず。話してみなければわかりません。シチュエーションもありますね。

相手の好きな食べ物を知っておくのと同じように、相手の好きなセックスについても知っておきましょう。相手が好きな食べ物時は10個スラスラ言えるのに「してほしいこと」はひとつしか言えない……それはアウトです。

2:行為の前後を丁寧に

「お姫様抱っこ」で女性の満足度は急上昇!

セックスの満足度を「挿入→射精」の段階だけで測ろうとするのは大きな誤りです。

特に女性にとって、セックスの満足度は、得てして「挿入→射精段階」ではなく、その前の「前戯でどのくらい気持ちよかったのか」だったりします。

あるいは、終わった後に抱きしめられたり、背中をなでてもらったり、耳元でささやかれたり、パートナーの胸板の上でうとうととまどろんだり、といった「幸せな後戯に満足感を持つ」場合もあります。

いやいや、もしかすると、2人でリビングでワインを飲んだ後、ほろ酔い気分のままお姫様抱っこでベッドまで運ばれて、やさしく服を脱がされるまでのプロセスがドキドキわくわくして最高だったりする場合だってあるのです。

「挿入」だけが大切なのではなく、その前後の時間を丁寧に、大切にしていくことで、特に女性側の満足度はかなり高まります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ