無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏の終わりから秋のはじめに♡︎おしゃれなボタニカル柄ネイル

「ボタニカル」とは「植物の」という意味を表す言葉。そしてボタニカル柄とはその名の通り、植物をモチーフにしたデザインを指します。さらにそこには人気の花柄はもちろん、葉や茎をイメージさせるデザインを指すことも。そんなボタニカル柄ネイルは、夏から秋への季節の変わり目におすすめのデザイン。爽やかで涼しげ気な雰囲気のボタニカル柄ですが、合わせるカラーによっては秋ネイルにも大変身できるかも。今回は季節の変わり目に挑戦したい、ボタニカル柄ネイルをご紹介します。

ネイル

ベースクリア×ボタニカル柄ネイル

itnail.jp

クリアベースのボタニカルネイルで、ボタニカルアートを強調。ベースに邪魔をされないので、葉っぱの繊維1本1本にこだわったアートを取り入れたいですね。
またドライフラワーを茎ごとネイルに取り入れてみても◎。ドライフラワーを使うことで、葉や花びらの繊細な筋も見えるので、よりリアルなボタニカル感を演出することができそうですね。

グリーン×ボタニカル柄ネイル

itnail.jp

ボタニカル柄の葉の色に合わせたグリーンネイルがこちら。普段はなかなか合わせるのが難しいと思われがちグリーンですが、ボタニカル柄ネイルなら、その世界観を存分に演出。
グリーンの中でも写真のようにカーキを使うことで、派手になりすぎず、よりおしゃれな印象を与えてくれそうですね。
ここではボタニカルアートのグリーンと、ネイルカラーのグリーンのトーンを合わせるのがポイントです!

ブルー×ボタニカル柄ネイル

itnail.jp

ボタニカル柄を夏ネイルとして取り入れたいなら、合わせたいカラーはブルー。一般的にグリーンで描かれることの多い葉のアートですが、あえてブルーで描くことで夏らしい雰囲気を意識。
さらにベースをクリアにすることで透け感があり、涼しげな印象に仕上がりますよ。

ブラウン×ボタニカル柄ネイル

itnail.jp

夏から秋に向けて、季節の変わり目におすすめのボタニカル柄ネイル。先程は夏っぽい雰囲気を意識したデザインをご紹介しましたが、反対に秋らしさを取り入れたいならブラウンをチョイス。
重たい印象になりがちなブラウンですが、写真のようにクリア感のあるカラーを使うことで、夏の終わりから秋の初めにぴったりなカラーに。ボタニカルアートにもブラウンを取り入れて、季節の変わり目を意識してみましょう。

フラワー×ボタニカル柄ネイル

itnail.jp

「ボタニカル」ときくと、一般的には葉っぱを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?しかしここでご紹介したいのは、お花を使ったボタニカルネイル。お花をネイルに取り入れれば、女子力アップネイルに仕上がること間違いなし。
そして花柄ネイルとボタニカル柄ネイルの差をつけるポイントは、花の葉や茎のアートの有無。写真のように葉や茎も一緒に取り入れることで、キュート花柄にグリーンがプラスされ、ボタニカル感がアップしますよ。

ニュアンス×ボタニカル柄ネイル

itnail.jp

ボタニカル柄ネイルをニュアンスネイルと一緒に取り入れることで、おしゃれ度アップ。人気のデザインを組み合わせた、こなれ感のあるデザインが素敵ですね。
上記でご紹介したようなカラーを使ったニュアンスネイルと合わせて季節感を意識してみても良し、写真のようにグレーやメタリックのカラーと合わせることで、スタイリッシュに仕上げてみても良いですね。

ボタニカル柄ネイルって素敵♡︎

itnail.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ