無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マットカラーで理想の透明感に!アッシュとの違いやおすすめスタイルは?

アッシュ系に染めたのに透明感のあるカラーにならなかったという人は、マット系カラーが合うかもしれません。マットカラーは赤みを消して透け感のある発色にしてくれます。今回は、マットカラーがどんな色なのか、おすすめスタイルと合わせて解説します。

ヘアスタイル

広告

マット系カラーとは?

グリーン系カラーを使って赤みを消したカラー

マット系カラーとは、ずばりグリーン系のカラーのことです。グリーン系のカラーは、髪の赤みを消す効果があります。日本人の髪色は赤みがかっていますが、赤みを消すことで外国人の髪色のような透け感と柔らかな質感に見えるカラーにすることができるんです。外国人系カラーにしたい、今っぽい透明感のあるカラーにしたいという人は、グリーン系カラーかアッシュ系カラーを入れてもらうのが正解!

Styling:鈴木 理恵(Euphoria aoyama)

赤みが消えるから透明感がすごい!

マット系カラーで赤みを消すと、理想の透明感カラーが手に入ります。透け感のあるヘアカラーは、髪質を柔らかく見せる効果もあるので、髪質が硬い人にはぴったり。また、透明感のあるカラーは陽の光が当たったときの色の変化が印象的です。ぱっと見は黒髪なのに、光が当たると染めていることがわかるので、オフィスや学校でヘアカラーが厳しく制限されているという人にもぴったり。

Styling:斎藤 貴子(Euphoria 銀座本店)

マット系とアッシュ系カラーの違いは消す色

赤みを消す色といえば、マット系以外にアッシュ系カラーがあります。アッシュ系カラーは髪の黄色味を消してくれる色で、ブルー系が中心です。つまり、赤みを消して透明感のあるヘアカラーにしたいという場合は、元の髪色によってマット系がいいかアッシュ系がいいかで変わります。元の髪色の赤みが強いならマット系、黄色味が強いならアッシュ系。担当の美容師さんが判断してくれるので、自分の髪色はどちらのタイプなのか知りたい場合は美容師さんに聞いてみると確実です。

Styling:鈴木崚麻(BEAUTRIUM鎌倉小町)

マット系カラーと相性のいいヘアカラー

マット系カラーは暗めの髪色と相性がいい

日本人の元の髪色は黒髪の暗めカラー。つまり赤みが強い黒髪のような暗めカラーの方が、マット系カラーと相性がいいんです。黒髪でもマット系カラーを組み合わせると、透け感とツヤのあるこなれた黒髪に。また、ほんのりと緑色を感じさせる黒髪になると、ミステリアスな雰囲気も演出できます。

Styling:吉田 秀晃(BEAUTRIUM GINZA)
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ