無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3回目のデートが鉄板?…男が「付き合ってほしい」と思うタイミング

たとえばマッチングアプリで知り合った人がいたとして、付き合うかどうかはいつ決めるのでしょう? 女性は何となく「3回目のデート」を目安にしがちですが、男性はどう考えているのか調べてみました。

恋愛・結婚

3回目のデート神話の真偽

3回目のデートで付き合うかどうかを決めるとか、キスをするとか、ホテルに誘うとか。そんな話をよく聞きますが、「3回目」の基準とは何なんでしょうか? 男性は3回目神話を信じているのか探ってみます。

回数は関係ない派

「3回目を目安にしているわけではない。好きだから会いたいだけで、気づいたら3回目だった」(32歳男性:教育関連)

女性に比べると、男性は恋愛でそれほどノウハウを気にしないかもしれません。恋愛経験がそれなりにあるなら、ネット記事より自分の感覚を信じるでしょうし、デートの回数が恋のゆくえを決めるとも思っていないのでしょう。

「3回目という回数で何か決まるとは思っていない。大体そのくらい会えば親しくなってホテルに行ったりもするんだろうけど。相手を理解するために十分な時間を共有できれば、別に3回目じゃなくてもいい」(36歳男性・営業)

俺流で関係を進めるタイプや、ハッキリした告白をしない男性はデートの回数にこれといって意味を求めていないようです。

3回目が目安派

「どんなに盛り上がっても、女性が1回目のデートで手をつないでキスしてホテルまで行くことはまずないので。女性のために3回目までは待つ」(35歳男性・経理)

3回目のデートで唇や体を許すというのは、女性ならではの暗黙のルールと捉えている男性が少なくありません。また、そこを破るとヤリモクと見なされる可能性があるので、本命彼女と見る相手には特に、3回目ルールを守るのでしょう。

「女性がOKを出すのを待って4回、5回とデートしたこともあるけれど、それはそれで『付き合う気がないの?』と言われてしまったので、3回目でいったん確認するのがいいと思っている」(35歳男性・経理)

3回目に告白するマイルール

「自分のやり方としては、1回目のデートは印象を見るだけ。もう一度会いたいと思えば2回目のデートでじっくり話します。さらに会いたいと思えば本気で好きだと自覚するので、3回目のデートで告白します」(30歳男性・エンジニア)

この男性はなかなかシステマチックですが、こうしたマイルールを持つ人もいるでしょう。冷静かつ慎重に恋を進めるタイプは、3回目のデートまでに自分の気持ちをハッキリさせるようです。

ただ、この男性は3回目のデートでするのは告白までで、ホテルに行くことは想定していないのだそう。奥手なタイプや女性が控えめな場合は、肉体関係を持つことを焦らないのかもしれません。

あるいは、付き合うための決定打が見つからない場合、3回目のデートを諦める基準にしているという男性もいます。この人は大抵2回目のデートで心が決まるらしいですが、それでも判断できない時は最終チャンスとして3回目のデートをするのだとか。ただ、迷いながら3回目のデートで付き合うと決めた彼女とはうまくいかないことが多いようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ