無料の会員登録をすると
お気に入りができます

映え目的より、雰囲気で選びたい。元銭湯をリノベしたカフェ「レボン快哉湯」で至福の時間を過ごしてみない?

旅行・おでかけ

キラキラした店内や、カラフルなドリンク。そんな映えるカフェも素敵だけれど、お店の雰囲気や居心地のいい空間づくりを大切にしているお店もすてきですよね。

銭湯に欠かせない、番台もそのまま残っています!

なんと、階段をのぼって写真撮影をすることも可能なんだとか。番台さんになった気分で、記念写真を撮ってみるのもよさそうですね。

目線を上に上げてみると、「とられぬ前の御用心」と書かれた脱衣所の注意書きを発見。

銭湯として賑わっていた様子が目に浮かんでくるようですね。

ほかにも当時使われていた体重計やレトロかわいい足元のタイルなど、銭湯の雰囲気が至る所に残っています。

ぜひ宝探しをする気分で、隅々までじっくり見てくださいね。

楽しめるのはコーヒーとアイスのマリアージュ

rebon Kaisaiyuでいただけるのは、上質なコーヒーと自家製アイスクリーム。

少し意外な組み合わせにも聞こえますが、苦味と甘味が絶妙なバランスで、贅沢なマリアージュが楽しめるんです♡

こちらは湘南ゴールドみかん&コロンビア(税込980円)。

口にアイスクリームを残したままコーヒーを飲んでみたり、コーヒーをアイスクリームにかけて味わってみたり…いろんな楽しみ方ができますよ♪

「自家製コーヒーゼリーオレ」(税込600円)も、rebon Kaisaiyuの隠れ人気メニュー。

コーヒーゼリーの苦さと牛乳のコク、そしてレモンの酸味が絶妙なバランスでクセになるおいしさです♡

おいしいコーヒーを淹れてくださるのは、この街で生まれ育ったバリスタの安田さん。オーストラリアやデンマーク、ドバイといった海外で経験を積んだあと、このrebonのプロジェクトに参加したそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ