無料の会員登録をすると
お気に入りができます

映え目的より、雰囲気で選びたい。元銭湯をリノベしたカフェ「レボン快哉湯」で至福の時間を過ごしてみない?

旅行・おでかけ

キラキラした店内や、カラフルなドリンク。そんな映えるカフェも素敵だけれど、お店の雰囲気や居心地のいい空間づくりを大切にしているお店もすてきですよね。

今回ご紹介するのは、東京の入谷駅から徒歩2分のところにある「rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)」。なんと元銭湯だった場所をリノベーションして誕生したカフェなんです♡

記憶をつなぐカフェ「rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)」

1928年に建築された快哉湯は、長年地元の方に愛されてきた銭湯。

2006年に惜しまれながら閉店しましたが、「人々の記憶が詰まったこの建物を未来に残したい」というオーナーの想いを受け継ぎ、カフェとして生まれ変わりました。

下町の雰囲気が残る街並みに目を奪われながら歩いていると、立派な門構えのrebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)が目に入ってきます。

rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)

店名に使われているrebon(レボン)とは、「再生」を意味する「reborn」に由来しているそう。

実際に銭湯を体験したことがない人や、馴染みがない人も多いかもしれませんが、不思議と懐かしさを感じられるカフェになっています。

このお店を目当てに訪れてくれる新しいお客さんはもちろん、地元の人が集まるような場所を目指しているんだとか。実際にお客さんの年齢層も、若者から近所の高齢の方までかなり幅広いそうです♪

店内には懐かしい銭湯の面影も

ガラガラっと扉を開けると、正面には傘専用のボックス、そして横には写真のような靴箱が設置されています。

板に書かれた番号の雰囲気から、長い歴史が感じられますよね。

銭湯の内装を活かしたまま、おしゃれなカフェに生まれ変わった店内はどこを見てもとってもおしゃれ。

こちらは元々脱衣所だったスペースで、入り口側の扉をよく見ると「男湯」「女湯」という文字もそのまま残っているんです。

お店の奥に見える、銭湯ならではのダイナミックな富士山にも驚かされるはず。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ