無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ユニクロ ユー(Uniqlo U)]2020秋冬最新コレクション徹底解剖、完売必至おすすめアイテム6選&最旬ウィメンズコーデ

ファッション

ベーシックで実用的ながら洗練されたデザインで人気の【ユニクロ(UNIQLO)】「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」2020秋冬最新コレクションが、9月18日(金)から発売スタートしました! スウェットパーカやセットアップ、ニット、シャツ、バッグなど、エディター沖島がプロ目線で「コレは買いだ(* "q')!」と太鼓判を押す6大超高コスパアイテム&おすすめコーディネートをお届けします。

こちらが「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」2020秋冬コレクションのキャンペーンビジュアル。アーティスティック・ディレクターをつとめるクリストフ・ルメールさんは、新型コロナ禍の影響で時代が劇的に変化するなかで「何よりも大切だと思っているのは、人々が生活の中で必要性を感じ、待ち望む服をカタチにすること」と明言し、今回の最新コレクションで「世界中の人々に寄り添うことのできる機能的なデザインと快適な着心地」を私たちに提案してくれました。服のラインナップはウィメンズ&メンズに分かれてこそいますが「自分にとって心地よい服・似合う服を選びとって自由に着ていいよ◎」という、クリストフさんのメッセージが聞こえてきそうです。

「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」2020秋冬コレクションはミニマルで機能的!

「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」2020秋冬コレクション、ウィメンズは“ミニマリズム”と“機能性”の2つをテーマに掲げていて、ひとつひとつのワードローブはどれも上質なベーシック服...なのですが、いざ袖を通し、全身コーディネートして着たときに、その着心地のよさとシルエットの美しさ、そしてさまざまな手持ちのワードローブに合わせて末長く着回せそうな期待値の高さに改めて感激しました。

さらに“ベーシックなのに、着ているだけでなんだかおしゃれに見える(* "q')”、その最大の秘訣はニュアンスたっぷりのカラーパレット! アイボリーホワイトやヌードベージュなどのスキントーンや、淡いパープルやブルーなどのパウダリーカラー、洗練された中間色を中心に展開していて、同じような色合いのワントーンでそろえても、異なる色同士を合わせても、きれいな着こなし一直線! どの服もおすすめなのですが、なかでもエディター沖島が「コレは買いだ!」とピンときたアイテムをご紹介していきます。

「コレは買い!」おすすめアイテム①:スウェットプルパーカ(¥3990)

まずは、メンズのカテゴリーではありますが、ユニセックスで着られる「スウェットプルパーカ」(¥3990)をイチ推しします。もう持ってるよ〜、という「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」ファンも多いと思いますが、コレクションのなかでも定番人気商品だけあって、毎シーズン少しずつシルエットも素材もアップデートし、¥3990とはとても思えないクォリティで非常によくできています。表地にはコンパクトに編み込まれた太番手の超長綿糸、裏地は暖かく肌ざわりのよい起毛素材を使い、ハリのある大人っぽいボクシーシルエットに。
スウェットプルパーカ¥3990・コットンサテンワイドテーパードパンツ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ほかエディター私物

パーカのひもの先が金具仕様なのも大人顔に仕上がっているポイント。スマートフォンやマスク、リップなどをぽいっと入れておける大きめのカンガルーポケットが地味に便利です。カラバリはニュアンスカラーを中心に全5色展開。同素材のスウェットパンツ(¥2990)とセットアップ着用ができる色もありますが、メンズなので、女性陣はいつもより1〜2サイズ小さめのサイズを選んで挑戦してみてはいかがでしょうか?

スウェットプルパーカ各¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー)

「コレは買い!」おすすめアイテム②:コットンサテンスタンドカラーシャツ(¥2990)

続いてのおすすめは「コットンサテンスタンドカラーシャツ」(¥2990)です。軽やかで光沢感のあるコットンサテン素材を使用し、スタンドカラーのまわりにギャザーをあしらった華やかなデザイン。
コットンサテンスタンドカラーシャツ¥2990・ツイルワイドパンツ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ほかエディター私物

被って着るプルオーバータイプで、バフッとした大きめのデザインが可愛い! あと、袖口の大きな丸いボタンもアクセント。厚手の生地なのでインナーが透ける心配はありません。ジャケットやカーディガンのインナーとしても着映えする、通勤コーデにぴったりのパリッとしたシャツです。

コットンサテンスタンドカラーシャツ各¥2990/ユニクロ(ユニクロ ユー)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ