無料の会員登録をすると
お気に入りができます

垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選

メイク

こんにちは、RENAです。垢抜け顔やこなれ顔という単語を女性誌で見かけない月はないほど、今やトレンドになってますよね。でも、「こなれ顔」って?どうしたらなれるの?と感じている方も多いはず。今回は、アイメイク・チーク・リップの3つの構成で「こなれ顔」になれちゃうトータルメイクをご紹介していきます♡

肌なじみの良い少しピンクみのあるくすみベージュカラーを使用することで、自然な涙袋を作ることができます。

マスカラはグレイッシュなブラックを使用することで、深みがあるのに濃すぎない目元を演出することができます。

何回も重ね付けしてしまうと、ひじきのようなカピカピまつ毛になってしまうのでNGです!

根元からグッとまつ毛を立ち上げるように、放射線状にまつ毛1本1本を伸ばすようなイメージで塗ります。

カラーメイクだけど派手すぎない、華やかだけどどこかスキのある「こなれアイメイク」の完成です。

チーク編

「こなれ顔」になるためのチークの入れ方は、少し血色感が出るぐらいがおすすめです。

ポイントはチークをどこに入れるかです。

使用するアイテム

チーク:サナ エクセル オーラティック ブラッシュ AB01 ピーチ&ピーチ
ハイライト:コスメデコルテ ディップイン グロウ

小鼻から耳の中央を結んだ位置と、黒目の外側からまっすぐに下がった位置にある起点を中心としてチークをいれると自然に仕上がります。

また、1色だけでなく何色かがひとつになったチークを使用することで簡単にグラデーションが作れ、内側からじゅわっと発色しているような血色感がでます。

目尻の下とチークの間にハイライトを入れることで、ツヤ感をプラスして小顔に見せてくれます。

リップ編

マスクをつけたり外したりしていると、せっかくリップをしていても落ちてしまいますよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ