無料の会員登録をすると
お気に入りができます

垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選

こんにちは、RENAです。垢抜け顔やこなれ顔という単語を女性誌で見かけない月はないほど、今やトレンドになってますよね。でも、「こなれ顔」って?どうしたらなれるの?と感じている方も多いはず。今回は、アイメイク・チーク・リップの3つの構成で「こなれ顔」になれちゃうトータルメイクをご紹介していきます♡

メイク

アイメイク編

目を大きく見せようとして、濃すぎるアイメイクをしていませんか?

ギラギラすぎるラメに、マスカラを大量につけたことでひじきのようになってしまったまつ毛、濃すぎるアイラインに白すぎる涙袋…。まるでギャルのような濃いアイメイクは「こなれ顔」にはNGです!

「こなれ顔」になるには、どこか抜け感のある派手過ぎないカラーメイクがポイントです。

使用するアイテム

アイシャドウ:BABYMEE ニュアンスカラーシャドウ アンバーグロウ・ボルドーブラウン・ネイルピンク
アイライナー:デジャヴ ラスティンファインE クリームペンシル モーヴブラウン
マスカラ:BABYMEE ニュアンスカラーマスカラ モスブラウン

アイシャドウはくすみカラーを使用することで、カラーシャドウなのに頑張りすぎてない、こなれ感が出ます。

「BABYMEE ニュアンスカラーシャドウ アンバーグロウ」をアイホール全体に指でするすると塗ります。ブラシやチップではなく指でぼかしながら塗ることで、抜け感を出すことができます。

「BABYMEE ニュアンスカラーシャドウ ボルドーブラウン」を、二重幅と下まぶたのキワにのせます。

こちらもアイホール同様、上まぶたは指でぼかしながら抜け感を演出。

下まぶたにはアイライナーを使用しない代わりに、チップでしっかりとのせます。

「デジャヴ ラスティンファインE クリームペンシル モーヴブラウン」を、上まぶたのまつ毛の間を埋めるようにして引きます。

こちらのカラーはブラックよりもシアーなのに、ブラウンほどナチュラルすぎないグレイッシュな絶妙カラーです。

涙袋は白すぎると浮いてしまい、不自然に見えてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ