無料の会員登録をすると
お気に入りができます

散らかった冷蔵庫はもううんざり!「100均グッズ」でごちゃごちゃから卒業する収納術6つ

冷蔵庫やキッチンは一時的にきれいに片づけても、使っていくうちにだんだんと整理整頓がおざなりになりがち。そんなときは、一度片づけたらその綺麗さを持続できるような“便利グッズ”を活用して、収納するのがおすすめですよ。そこで今回は、キッチンのごちゃごちゃをスッキリさせるための“100均グッズを活用した収納術”をご紹介いたします。

100yen

ひとふりで約小さじ一杯分の量が出るので、調理中は計量スプーンで量ることなく片手でサッとふりかけるだけ。

また、計量スプーン付きの容器と比べて場所をとらないので、冷蔵庫内にしまってもすっきりと収納できますよ。

3:薬味系はチューブホルダーで引っかける

細かい調味料を、冷蔵庫内にバラバラに置いたままにしていませんか?

そんな細かい調味料たちは、セリアの「薬味チューブケース シングル 3p」とミーツの「冷蔵庫ミニポケット」でスッキリ!

この「薬味チューブケース シングル 3p」の良さは、ケースが3つともバラバラなこと。3つとも繋がっているタイプだと、調味料の数によって余りがでたり足りなかったりしますが、これなら必要な分だけ買い足すことが可能。

また、汚れたり壊れたりしても、そのケースだけを替えればいいのもおすすめポイント。

なお、ミーツの『冷蔵庫ミニポケット』は、お弁当などに付属しているタレ類の収納に最適です。

キッチン周り

お次は、キッチン周りの収納術!

4:ゴミ袋は突っ張り棒とフックで取り出しやすく

ゴミ袋は、平置きにしているとなにかとぐちゃぐちゃになりがち……。

そんなときは、100均各社でゲットできる突っ張り棒とフックで収納してみてはいかがでしょうか。

その際、フックはU字がなるべく深いものを。マグネット式なら磁気強めのもの、もしくは粘着式のものを選んでみてください。あとは、そこに突っ張り棒を乗せるだけ。

写真のようにゴミ袋を袋から出してかけておけば、取り出すときも楽ちん。

なお、突っ張り棒&フックは、ゴミ袋の種類別にするのがおすすめ。冷蔵庫やダストボックスの側面にペタっとしておけば、必要なときに気軽にサッと取り出せますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ