無料の会員登録をすると
お気に入りができます

読プレあるよ♡おうち時間のお供に“青の「ネスカフェ」”はいかが?

グルメ

香りを極めた“青の「ネスカフェ」”が登場

こだわりの焙煎がもたらす豊かな“香り”とコクに定評のある「ネスカフェ 香味焙煎」が、2020年9月1日に2つの新たな味わいで新発売されました。

漢字で縦書きされた「香味焙煎」のパッケージからは、香りに対する並々ならぬ自信が伝わってきます。記事の最後には読者プレゼントもありますので、ぜひキャンペーンにご応募してくださいね♡

“香り”を凍らせている?!

「ネスカフェ 香味焙煎」は、“香り”と味わいを最大限に引き出すことにこだわり、最適な焙煎(アロマティックロースト)と最適な抽出(真空アロマ抽出製法)技術を組み合わせたネスカフェ独自の「香味真空氷結製法」で製造しています。

この「真空アロマ抽出製法」は、香りを真空で凍らせて閉じ込めるという高度な技術。研ぎ澄まされた香りとともに美味しいコーヒーを楽しむことができます。

2つの味の違い

気になる味わいは、「豊香(ゆたか)」と「柔香(やわらか)」の2種類。香りを感じるためには、飲み口が広がっているカップを選ぶことが大事なのだそう。そこで今回は、それぞれの味を飲み比べてみました。

集中力を高めてくれる「豊香(ゆたか)」

香り: ビターチョコレートのようなほろ苦さ、鼻に抜ける心地よい穏やかな香り。
味わい: 深煎りらしさがあり、香りと同様のビターチョコレートのような余韻を長く感じられる味わい。仕事や作業のお供に飲んだら集中できました。

リラックスできる「柔香(やわらか)」

香り: 名前のとおり柔らかい印象で、ローストアーモンドやナッツを思わせる華やかな香り。
味わい: ミルクチョコレートのような滑らかな風味が感じられ、すっきりとした後味。まろやかな飲み口に心がほどけて、やりたいことやインスピレーションが頭に湧き上がって楽しい気持ちになりました。

青いパッケージが目印です♡

2つの味わいにそれぞれの特徴がある「香味焙煎」は、お湯で溶かすだけで、本格的な淹れたてのレギュラーソリュブルコーヒーが作れるのも魅力のひとつ。仕事のお供に、リラックス時間に、それぞれ飲み分けるのもおすすめです。店頭でこの青いパッケージを見つけたらチェックしてみてください♡

ネスカフェ 香味焙煎 豊香 エコ&システムパック 50g

ネスレ

¥ 672

商品詳細
ネスカフェ 香味焙煎 豊香 エコ&システムパック 50g
order.nestle.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ