無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夫婦ふたりの充実した生活空間 パッシブデザインにこだわった心地よい空間で豊かな日々を過ごす

グラフィックデザイナーの西田友美さんと農家を営むご主人が建てたのは「人が集まる楽しい家」をテーマにしたモダンかつ明るく開放的な家。都会の喧騒から離れた大磯で充実した日々を送る。

インテリア

海と山に囲まれた自然豊かな大磯に住宅を構えて、約2年。グラフィックデザイナーの西田友美さんと農家を営むご主人が暮らすこの家は、これから2人で生活していく上で、人が集まるような空間で楽しい時間を過ごしたいという思いによって生まれた。
「いつかは自分たちの家を持ちたいという夢をずっと持ち続けていたのですが、夢で終わらせるのではなく、ちゃんと実現させようと思い、土地探しから始めました」と話す西田さん。しかし、今の土地に出会うまでには紆余曲折があったという。
「当初は職場の都合上、都内で土地を探していたのですが、どうしても条件の合う良い土地と出会うことができませんでした。そこで一度仕切り直して、主人も私も神奈川県出身ということもあり、神奈川県を中心にして探し始めたところ、出会ったのが大磯でした。かつては別荘地だったこともあり、自然も豊かで、時間の流れがゆっくりしているように感じたことが決め手となりました」と西田さんは振り返る。

玄関を正面に見る。あえてサイドには壁を作らず、開放感のある空間を目指した。

右を向くと、2階へと続く階段ホールに。

開放感のある吹き抜けの階段ホール。2階へ上がる階段の手すりにはアイアンを採用し、モダンな印象を空間に与えた。

シンプルにまとめられた洗面スペース。清潔感を意識して、収納力のあるフラットな三面鏡を採用した。

職場が都内にある西田さんと農家を営むご主人のそれぞれの生活リズムを考慮し、玄関からすぐにアクセスできるところに寝室を配置した。

1階の客間兼書斎。右手前には造作の小上がりを設置し、下は収納スペースとなっている。

吹き抜けの階段ホールから2階へ上がると、明るく開放的なLDKが広がっている。
「依頼した建築士の方はパッシブデザインにこだわった設計をしていて、採光や風の抜ける心地よさをとことん追求してくれました。また、経年変化も楽しめるような素材感も大切にしたいという思いがあったのですが、そうした気持ちも全部詰め込んだ設計を提案してくれました」と西田さん。
西田さんご夫妻の希望と建築士の考え方がマッチしたことで生まれたこの居心地のよい空間には、以前の住まいから引き継いだという、ご夫妻こだわりのアンティーク家具が配置されている。
「新築であっても、全部が新しいものだけの家は嫌だったんです。新しいものと古いものが並ぶことで、両方の良さが引き立つんじゃないかなと思っています。そういう意味でも素材感を大切にしたかったんです。椅子や棚など家具を購入する際は、いつも主人と話し合って決めています」(西田さん)。

明るく開放感のある2階LDK。採光を考慮した勾配天井によって空間に動きと広がりが生まれている。

キッチンから吹き抜けの階段ホールを見る。左側にはモルタル仕上げのアクセントウォール。

西田さんが特にこだわったオープンキッチン。造作のカウンターテーブルは栓(せん)の木の一枚板から製作されている。ゲストを招いた際は、このカウンターで料理を振る舞うという。また、キッチンの床はゲストと目線が合うように1段下げている。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ