無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まゆげのプロ直伝♡アラサー女子向け「簡単に垢抜け眉を作るテク」

まゆげの先生Leiです。秋メイクを思う存分楽しみたいこの季節。トレンドのカラーメイクと合わせて、眉メイクはばっちりですか?今っぽ顔をつくる、アラサー女子におすすめな垢抜け眉のコツをまゆげの先生が伝授します。

メイク

旬な眉は「きれいめ自眉感」と「色使い」

メイクの雰囲気によって似合う眉は変わりますが、押さえておきたいのはトレンド眉。今人気なのは自眉っぽさのある眉です。

でもボサっと見えるとアラサー女子には野暮ったく見えがち。自眉らしいふんわり感を残した「きれいめな自眉感のある眉」がベストです。

そしてメイクによってアイブロウコスメの「色使い」を変えることも重要!それでは早速、旬な垢抜け眉を作り方をご紹介していきます!

ポイント1:眉の色は「目」に合わせる

眉の色を決めるポイントは、少し前なら「髪の色」と言われていました。でも眉は髪よりも「目」に近いパーツ。瞳の色やアイメイクの色に合わせるだけで、ぐっとバランスが良く見えます。

眉の濃さは髪の感じを意識し、色はアイメイクのメインカラーに合わせてみましょう。

今回は赤み系のアイシャドウでメイクをしたので、眉マスカラに赤茶を選んでいます。

自眉が薄い方は、アイブロウパウダーやペンシルも同系色で揃えるとより均一なカラーリングに!

使用したのはこちら

shu uemura クシ ブローM オークブラウン 3,400円(税抜)

マットな赤みブラウンがトレンドのウォームメイクになじみます。

ポイント2:眉ブラシじゃなくても良い!大事なのは「柔かさ」

自眉らしいふんわり感をつくるには、初めにアイブロウパウダーで眉の土台を描いていきます。

そこでポイントになるのが、ブラシの柔らかさ。

硬いブラシよりも肌あたりの柔らかいブラシを選ぶことで、眉をふわっと描くことができます。

アイブロウブラシは硬めなものが多いので、先端が細めなアイシャドウブラシを使うのがおすすめ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ