無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パン生活がますます充実!新「バルミューダ ザ・トースター」の使い心地を体験

“感動するほどパンがおいしく焼ける”と、多くの人から支持を得ている「バルミューダ ザ・トースター」が、2020年9月末にリニューアル!さっそく新モデルでトーストやリベイクを実践して、気になる具体的な改良点や使い心地、焼きあがったパンの味わいなどをご紹介します♪

インテリア

新しくなった!バルミューダ「ザ・トースター」

Photo by akiyon

2015年の発売以来、累計100万台も売れている「バルミューダ ザ・トースター」。いまだ人気が衰えないなか、米国初上陸に備えて2020年9月末にリニューアル!さらに魅力あるトースターとして登場します。

スチームテクノロジーと細やかな温度制御で、だれでも簡単においしく焼ける大人気トースターが、具体的にどう変わったのか?ザ・トースターの愛用者や、まだ使ったことのない方のために、詳しくご紹介したいと思います♪

新色も登場!

Photo by akiyon

カラーは、旧タイプで展開していたブラックとホワイトのほかに、新色としてベージュが仲間入り!さまざまなキッチンインテリアに馴染みやすい、シックな色合いがすてきです。

また窓枠の形状やダイヤル、取っ手のサイズも再設計。より洗練されたデザインになり、使いやすさも向上しているようですよ。

進化した「トーストモード」をチェック!

Photo by akiyon

それではさっそく、食パンをトーストして作業工程や味わいをチェックしてみましょう!まずはじめに扉を開けて、パンを並べます。今回は山型食パンを使用。ムラなく焼けるよう、パンの「頭」を手前にして置くのがコツですよ。

パンの厚さは、5.5cmまで。旧タイプでは見当たらなかったガイドラインが庫内にあるので、高さの目安になってとても便利です。

Photo by akiyon

次は旧タイプから変わらない、大切なステップ!トースター上部の給水口に、付属の小さなカップ(容量5cc)で水を注ぎ入れます。使うたびに毎回1杯の水を投入するところが、バルミューダならではの手順ですね。

パンの大きさや厚み、枚数が違っても入れる分量は変わらないので、あまり考えずに使えるところがとても便利。吸水口の形状は、旧タイプよりも少しだけコンパクトになっていますよ。

わかりやすくなった2つの「ダイヤル」

Photo by akiyon

扉を閉めたら、新しくタイマーダイヤルに加わった「ON/OFF」ボタンを押して、電源をオンにします。旧タイプではタイマーダイヤルを回すことで電源を付けていましたが、より安全でわかりやすい仕様になりました。

次に「モード選択ダイヤル」を回して食パンマークのトーストモードを選択。このダイヤルにも新機能が加わり、5ccの水を注ぐ4つモードにラインが入って表示されています。170℃・200℃・230℃で温められる「クラシックモード」も選択もできるようになっていますよ。

Photo by akiyon
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ