無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ワークマン(WORKMAN)]¥1900水陸両用「フィールドサンダル」がSNSで大人気、スニーカー感覚で通年はけてアウトドアレジャーにも最適!

ファッション

公式アンバサダーをモデルに起用した“過酷ファッションショー”のオンライン配信が話題の【ワークマン(WORKMAN)】。丈夫で高機能な作業服や安全靴をリーズナブルに販売してきた長年のキャリアを生かして開発するアウトドア向けのウェアやシューズが大人気です。なかでも今年、TwitterやInstagramを中心に人気っぷりを実感するのが、今回ご紹介する「フィールドサンダル」(¥1900)です。

【ワークマン(WORKMAN)】

この「フィールドサンダル」(¥1900)は、日本全国に約885店舗存在する【ワークマン(WORKMAN)】【ワークマンプラス(WORKMAN Plus)】実店舗でしかお目にかかれないという幻のサンダル(なぜか公式オンラインストアでは取り扱っていません)。商品名こそ“サンダル”ですが、つま先までがっちりホールドするスニーカーのようなルックスに加え、陸上ではもちろん、なんとマリンシューズのように水中ではいてもOKな“水陸両用”シューズとして人気を集めています。

【ワークマン(WORKMAN)】「フィールドサンダル」(¥1900)のカラバリは2色!

【ワークマン(WORKMAN)】「フィールドサンダル」(¥1900)のカラバリは、左のグレーと右のブラックの2色です。エディター沖島は、グレーベルトとブラックアッパーのコントラストが恰好いいブラックを選びましたが、オレンジをアクセントカラーにきかせたグレーも素敵(いつもお世話になっている嵐山店で撮影させていただきました)。

“水陸両用”できる理由は、耐久撥水(はっ水)素材つかいと、足の指先を露出させないつま先ラウンド設計、さらに脱げにくいヒールホールド設計の3点。Mサイズからの展開(*)なので、足の小さい方は厚手のソックスとコーディネートしたり、アッパーのベルトで調節したりするとよいと思います。
(*)サイズ展開:M(24.5~25.0cm)・L(25.5~26.0cm)・LL(26.5~27.0cm)・3L(27.5~28.0cm)

【ワークマン(WORKMAN)】「フィールドサンダル」(¥1900)の設計を細かくチェック!

【ワークマン(WORKMAN)】「フィールドサンダル」(¥1900)に使用されている素材は、ポリエステル・ポリウレタン・EVA・合成ゴムの4種類。アッパーはメッシュ素材で、かかとと両脇の3カ所のみ開いているデザインです。

足先を保護する“つま先ラウンド設計”なので、タウンユースではスニーカー感覚でオールシーズンはけますし、アウトドアシーンでも本領発揮! 水ぎわでは岩・石・砂・砂利、山では木の根っこや枝などから足を守ってくれます。海遊びや川遊びをするときなど、はいたままザブザブ水に入っていけるので、かかとがペコペコ浮きがち&すぐ水に流されてしまいがちなビーチサンダルよりも、こちらのほうが断然頼りがいがあるのではなかろうか(* "q')!? 思わぬ怪我も防いでくれそうですし。

アッパーにあしらわれているベルトは反射材になっていて、暗いところでライトに当たるとピカッと光ります★ さらに、アジャスターで足首へのフィット感を調節することが可能。

一体型のソールは3層構造で、クッション性に優れています。足の裏の形にフィットするようカーブもついているので、素足ではいてもソックス合わせでもはき心地はかなりよいです◎。

地面と接触するアウトソール(底)には凹凸がしっかりついていて、すべりにくい設計に。ただ、濡れた平坦な路面や床などはツルツル滑りがちなので、気をつけて歩行していただくと◎。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ