無料の会員登録をすると
お気に入りができます

引き算するのが垢抜けのコツ♡今っぽデカ目メイクを作る基本テク

こんにちは!RENAです。今日はキメたい!という日ほど、ついついメイクが濃くなりがち…なんてことがありませんか?実は、濃いばっちりメイクより少し引き算をしたメイクの方が垢抜けて見えるんです!今回は抜け感がありつつもしっかりと盛れる引き算アイメイクをご紹介していきます♡

メイク

アイシャドウは多色使いをしない

アイシャドウを多色使いしてしっかり塗りしてしまうと、アイライナーやマスカラが目立たなくなってしまい、逆に目が小さく見えてしまうことも。

アイシャドウは多色カラーでたくさん塗るのではなく、メリハリを意識して陰影をつけるように塗りましょう。

アイシャドウで陰影をつくるには、上まぶたの目尻に暗い締め色・下まぶたの目頭に明るい色を使用するのがポイント。

そうすることで目に奥行きができ、立体感のある目元になります。

使用するコスメ

セザンヌ トーンアップアイシャドウ 08 ハニーブラウン

程よいパールラメにオレンジブラウン系の3色がひとつになったアイシャドウです。

ここからは引き算アイメイクのやり方を解説してきます。

① 真ん中の色をアイホール全体にのせます。このときに、指でぼかしながらのせるとふんわりニュアンス感が出せます。

② 右の締め色を上まぶたの目尻のみに塗ります。

③ 真ん中の色を下まぶたの目尻にのみ塗ります。

④ 左の明るい色を下まぶたの目頭にちょこんと軽く塗ります。

下まぶたには濃い締め色を塗るのではなく、あえて中間色を使用することで、濃くなりすぎず抜け感が生まれます。

アイラインは抜け感のあるブラウンで目尻のみ

目を大きく見せたくてアイラインを太く、濃く引いてしまうことはありませんか?アイラインを濃くしすぎてしまうと、二重幅が狭くなり、逆に目が小さく見えてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ