無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セブンイレブン、「冷たいまま食べる焼きサバ」が最高すぎる これ天才…

セブンイレブンから販売されている、冷たいまま食べる焼きサバが、ネット上で話題に。斬新で便利でおいしすぎた…

グルメ

今月8日より、セブン-イレブンの一部店舗(東北、首都圏、山梨県、静岡県)にて、焼き魚なのに「冷たいまま食べる」斬新な惣菜が再び登場。インターネット上でも、食べた人々から感動のツイートが続々と投稿されている。

セブン-イレブン

■燻製香る冷製おつまみ焼きサバ

その話題の商品とは、「燻製香る冷製おつまみ焼きサバ」(税込300円)。

焼き魚の惣菜と言えば、電子レンジで温めるタイプのものが一般的だが、こちらにはパッケージに「500Wで◯分」といった表示も一切なく、本当に「冷蔵庫から取り出してそのまま食べる」という、何とも斬新なおつまみなのである。

関連記事:外出先でマスクの紐が切れた… ヒロミがとった対処法に「さすが」

外出先でマスクの紐が切れた… ヒロミがとった対処法に「さすが」

■レンチンもお皿も不要

セブンイレブンのこちらのシリーズは、封を開ければパッケージがお皿代わりになるデザインのため、レンチンもお皿も不要という、究極なまでに手間が省かれている点も、忙しい現代人には非常に嬉しいポイントだ。

そして、「燻製香る」という商品名に全く偽りはなく、封を開けた瞬間から、ほわっと燻製の香ばしい香りが漂い、よりいっそう食欲をそそられる。

■「燻製の香り」の秘密は…

内容量は65グラムで、編集部員が購入した商品には、食べやすい大きさにカットされた肉厚な焼きサバが、5切れほど入っていた。

条件反射的に、思わず電子レンジで温めてしまいそうになったが、冷たいまま食べてみると……とにかく脂の乗ったジューシーさに驚く。

同社によると、こちらは漬け込みに「昆布出汁」と「燻製塩」が使用されており、昆布出汁の旨味と、燻製塩で燻製の香りが付けられたサバが、香ばしく焼き上げられているという。

冷製のためしっかりと濃い味付けといった印象で、ご飯又はお酒が止まらなくなる逸品である。

関連記事:いきなりステーキの激安弁当、「いきなり食べられない」予想外の代物だった

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ