無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代メイクのままの人は要注意!30歳過ぎたら老け見えイタ見えしちゃうNGメイク

美容ライターの古賀令奈です。10代や20代前半の頃と同じメイクをしていませんか?20代の間は違和感なく過ごせたとしても、30歳を過ぎると自分自身の変化的にも、社会的にも年齢にふさわしいメイクを意識したいところです。今回はやってしまいがちな3つのNGメイクをご紹介します。

メイク

手抜きしすぎ?マスクを外してガッカリされる「血色なし」メイク

マスクをしていると、チークやリップを塗らないという方も多いかもしれません。マスクを外すのは水分補給や食事のときだけであっても、その瞬間に与える印象は意外に大きいものです。

20代の頃はノーリップ&ノーチークで問題なかったかもしれませんが、30代では頬や口もとに血色がないと、疲れて見えたり老けた印象を与えたりする可能性が高いです。

また、目元のメイクがしっかりしていると、マスク下の無防備な状態が余計に目立ってしまうことも。

たとえほとんど見えないとしても、チークやリップは仕込んでおくことをおすすめします。

カバーしすぎて逆効果!「厚塗り老け見え」メイク

シミやシワ、毛穴が気になり始めた方は、カバーしすぎにご用心。隙のない美肌を目指してメイクをすると、肌の透明感まで隠してしまい、厚塗りになりがちです。

みずみずしさや透明感は若さを印象づける大切な要素。エイジングをごまかそうと塗り重ねることで、かえって老けて見える可能性があります。

シミや毛穴は専用コンシーラーで隠し、シワは保湿ケアを重視すると、厚塗り感のないみずみずしい肌づくりが叶います。特に、シワは粉をのせるほど悪目立ちしてしまうので、極力薄く仕上げるのがコツです。

気になる部分がマスクで隠れるなら、基本的にコンシーラーは不要です。あまりに目立って感じる場合は、軽くカバーすれば十分でしょう。

目力を出すつもりが若作りに…「抜け要素ゼロ」メイク

目元を華やげたいからといって、アイメイクばかりに力を入れすぎるのは控えたいところ。しっかりアイラインやバサバサまつ毛は、若作りに励んでいる印象を与えかねません。

30歳を過ぎた女性は、お人形のような目元よりも、大人の余裕を感じさせる目元を意識してみることをおすすめします。

アイラインはあえて引かず、まつ毛はすっきりと。寂しく感じるかもしれませんが、抜け感のあるメイクがトレンドなので、今っぽさが高まります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ