無料の会員登録をすると
お気に入りができます

口パクを「ろぱく」、団塊を「だんこん」……。知っていてもつい頭のなかで違った読み方をしてしまう言葉はある?

ライフスタイル

間違えて覚えてしまった言葉が、ずっと頭に残ってしまって消えない……そんな経験はありますか? 正しい読み方を知った後も、間違ったまま記憶されていてなかなか抜けないことはあるようです。

『本当は知ってるけど、心のなかで間違った読み方してる人いる? わかってんのよ。でもなんかそうなっちゃうんだよねー。みんなもある?』

例えば不織布を「ふおりぬの」、泥酔を「どろよい」……。漢字が目に入ると頭のなかで、つい自分が読みやすいように読んでしまうこともあります。たとえ「ふしょくふ」や「でいすい」が本来の読み方だと分かってていても、間違った読みの印象の方が強いのかもしれませんね。ママたちは思わず「わかる!」とうなずいたよう。次々とこんな言葉が思い浮かんだようです。

『口パクを「ろぱく」。頭のなかではこう読んでる』
『大人気ないを「だいにんきない」って読んで、あっ違う違うって毎回なる』
『私は詳細を「さいしょう」って心で読んでしまう(笑)』
『帰省を「きしょう」、団塊を「だんこん」……。私だって正解は昔からわかってるんだよ(笑)』
『PTAを「ぴーてーえー」と読んでる。たまに、うっかり声に出してしまうときがある』

本来の読み方を知っているにも関わらず、頭のなかでは違ったふうに発音してしまう言葉。あなたにはどんなものが思い浮かびますか?

頭のなかでついこう読んでしまいます!

『私は麦芽を「むぎめ」』
『お局様を「おきょくさま」』
『義母を「ぎはは」、義父を「ぎちち」と読んでる。何て読むんだっけ、聞いたのに覚えられない。違うよねたぶん』
『義兄「ぎあに」、義姉「ぎあね」、義弟「ぎおとうと」、義妹「ぎいもうと」……。義父と義母は普通に読むのに』
『流石を「りゅうせき」。口に出しちゃったことがある(笑)。消えたかった』
『月極を「げっきょく」と読んでいた。正解の読み方を知ったときの衝撃よ……』
『自己嫌悪を「じこけんあく」って真剣に読んでた……。恥ずかしすぎる』

どっちが正しいんだっけ……と思っているうちに、自分でも混乱して分からなくなってしまいそうです。なかには長らく誤りに気づくことなく使い続けていた人もいるよう。これまで当たり前だと思っていた読み方が間違いだと知ったら、さすがに衝撃を受けてしまうかも?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ