無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スターバックス一流女性バリスタに学ぶ!「美味しいコーヒーの淹れ方」

レシピ

毎日、なんとなく淹れているコーヒーもせっかくなら美味しくいただきたいもの。
スターバックス リザーブⓇ ロースタリー 東京のコーヒーマスター森山さんに
ハンドドリップの基本の淹れ方を伺いました。

◯ 教えていただいたのは……

コーヒーマスター 森山順子さん
スターバックス リザーブⓇ ロースタリー 東京にてコーヒーの淹れ方や豆選び、フードとのペアリングなど、セミナー等も担当。

<用意するもの>

用意するのは、挽いたコーヒー豆、細口ケトル、ハンドドリップ用のコーヒーメーカー。ここでは一体化したケメックスを使用。

1:コーヒーの粉が密着しやすいよう、ペーパーフィルターにもお湯を通しておきます。同時にカップにもお湯を入れ、温めておきます。

2:粉を入れトントンと均一にならします。お湯の温度は沸騰後、ケトルに移したくらいがベスト。沸騰したケトルのままなら1分ほど置いて。

3:ケトルの口で、小さな「の」の字を描くように、粉の中央にそっとお湯を注ぎ、全体を湿らせるように蒸らします。

4:下にぽたぽたとコーヒーが落ちてきたら一旦、 20~30秒待ちます。挽きたての豆を使うと 豆がぷっくりし、ハンバーグのよう!

5:お湯が完全にサーバーに落ちきらないうちに 次のお湯を注ぎます。1杯のコーヒーなら、 だいたい2~3回に分けて。

6:淹れ終わったら、軽く揺らし、全体のコーヒ ーの濃度を均一にします。ちょっとしたこと だけど意外と重要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ