無料の会員登録をすると
お気に入りができます

古坂大魔王が育児休暇を取る理由「2週間と短いし意味もないかもしれないが…」

古坂大魔王が17日配信の『NewsBAR橋下』に出演。育休を取得するつもりだと明かした。

エンタメ

お笑いタレントでプロデューサーの古坂大魔王が、17日配信の『NewsBAR橋下』(ABEMA)にゲスト出演。育児休暇をとることを宣言した。

古坂大魔王

■「男性の育休・育休制度」について

番組では、古坂が政治や社会に対して疑問に思うことを、法律家で元政治家である橋下徹氏に教えてもらう企画「政治と社会の疑問!教えて橋下さん!」が実施される。

一つ目の疑問は、「男性の育休・育休制度」に関して。最初に、小泉進次郎環境相が同制度をとったことで、「大臣が休むとは何事だ」「2週間では全く意味がない」など、様々な意見が出たことを挙げ、日本社会における出産・育児に対する認識について持論を述べる。

関連記事:「出産費用ゼロ」に注目集まるも… 働く女性からは「焼け石に水」と総スカン

「出産費用ゼロ」に注目集まるも… 働く女性からは「焼け石に水」と総スカン

■「あいつもとったんだから」となればいい

古坂はその上で、11月に第二子が生まれるタイミングで、自身も育児休暇を取ろうと考えていることを明かす。レギュラー番組を含め、全ての仕事をストップさせるつもりだという。

世間からは否定的な声があがるかもしれないが、社会的に「あいつも取ったんだから、うちも取らないといけない」という風な変化に少しでも繋がればいいと考えているそうだ。

■育休を取る理由

どうして育休を取得しようと思うのか、その理由を橋下氏に問われると、「奥さんの気持ちを大事にしようと思いました」と古坂。

「一人目が生まれた直後に仕事でフランスに行くことになってしまい奥さんに大変な思いをさせてしまいました。生んでから最初の6ヶ月が精神的に大変な時期だと思うので、2週間と短いですし、意味もないかもしれませんが取らせていただこうと思っています」と、自身の思いを語った。

関連記事:『イッテQ』ブルーインパルス飛行隊員の1人が欠席していた理由に称賛

『イッテQ』ブルーインパルス飛行隊員の1人が欠席していた理由に称賛

■およそ7割が「育休を取るべき」

男性の育児休暇取得に対し、様々な意見があるなか、一石を投じる役割ができればと、自らが育休をとることを宣言した古坂。

ちなみに、しらベぇ編集部が全国20〜60代の現在働いている男女779名に調査したところ、全体の66.1%が「育休・産休は積極的に取得していくべき」と回答している。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ