無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最新眉メイクの正解知ってる?垢抜け間違いなし♡2020年版「今っぽ眉」の作り方

正解だったはずの眉メイクがいつの間にか古くなっている…。眉は流行の移り変わりが激しいので、気がつくと流行遅れになりがちです。そこで今回はイマドキ眉の作り方をまとめました。整え方のコツや、眉メイクのステップを詳しく解説します!

メイク

もう古いかも?やりがちな失敗眉メイク

まずはやりがちな失敗眉メイクの特徴を見ていきましょう!

顔立ちによって似合う眉は人それぞれです。しかし、古く見えてしまうのは避けたいですよね。

流行遅れに見える眉の特徴は、以下の4つです。

1:不自然に太いor細い

2:眉尻が下がりすぎている

3:眉マスカラの色が明るすぎる

4:グラデーションになっておらずのっぺりして見える

細い眉がイケてる時代や、韓国風の太眉が流行したなごりで、眉をアップデートできていないという人もいるのでは?

流行遅れから抜け出して2020年最新版の垢抜け眉を作ってみましょう!

眉の整え方

自眉の整え方を解説します!

筆者は眉山の位置が内側すぎる、眉尻が短いなど、実はかなりの眉コンプレック持ち。理想の眉に近づけるためにしている整え方はこちらです。

① 眉山を外側にずらすため、元の眉山の一番高い部分を眉用カミソリで剃る。

② 眉尻の位置を高くするため、下に伸びすぎた部分を剃る。

③ 眉下のムダ毛を剃って、全体のバランスを確認。

自眉の形のせいでイマドキ眉を諦めている人も多いはず。眉の形が不格好で悩んでいる方は、鏡で確認しながら①と②をやってみましょう!元の眉が整っている場合は、③だけで大丈夫です。

カミソリを使ったお手入れは、毛抜きに比べると失敗をしても生えそろうまで時間がかかりません。慎重にする必要がありますが、思い切って眉山と眉尻の位置をずらしてみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ