無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着るものに困る!をなくす。季節の変わり目に欲しいオシャレな羽織物5選

昼間は少し気温が上がっても、朝晩は肌寒い。そんなときに便利なのが羽織物です。今回は、東急プラザ銀座のショップから、素材やデザインがそれぞれ異なる羽織アイテムを5つご紹介します。秋から冬まで活躍するアイテムで、おしゃれを楽しみながら賢く寒さ対策をしていきましょう。

ファッション

優雅さと温かみを添えるカシュクールワンピース

photo:かぐれ

天然素材の衣服やナチュラルコスメなどを取り揃えるコンセプトショップ「かぐれ」からご紹介するのは、薄くて軽やかなカシュクールのワンピースです。レーヨンとコットンをミックスした薄手の生地は、カットソー1枚では涼しいなというときに羽織るのに便利でおしゃれ。秋以降もニットなどの上に重ねて、長く使うことができます。

ウエストの紐をキュッと絞ってワンピースとして、紐を縛らずにゆったりとロングカーディガン風にとさまざまな着こなしが可能。細かなギャザーにより、ふんわり優雅で温かみのあるスタイリングが完成します。

カラーはシックなBLACKとソフトなBEIGE。どちらもコーディネートに取り入れやすい落ち着いたカラーです。

かぐれ
ラップギャザーワンピース
16,500円(税込)

さまざまなコーディネートに合うシンプルキルトジャケット

photo:かぐれ

同じくかぐれのキルトジャケットは、少しずつ寒さを増していく時期にまさに重宝する人気のアイテムです。秋のうちはアウターとして活用できるのはもちろん、冬の入口にはインナーダウン代わりにコートなどの下に着ればより温かく過ごせます。

表地にコットン素材を使用しており、着心地は柔らか。シンプルで品のあるデザインなので、カジュアルからきれいめまで合わせられます。軽くて持ち運びも楽なので、通勤やお出かけ、旅行などさまざままシーンで活躍しそう。

こちらは秋に似合うアースカラーのCHARCOAL・BEIGEの2色展開です。

かぐれ
コットン中綿キルトジャケット
22,000円(税込)

リネンのウールの良さをミックスしたボトルネックジャケット

photo:nest Robe

天然素材を使ったスローメイドなものづくりを大切にするブランド「nest Robe(ネストローブ)」のおすすめは、ウールリネンのジャケット。タテ糸をリネンで、ヨコ糸をウール紡毛糸で織りあげてあり、リネンのハリ感とウールの包み込むような柔らかさの両方が引き出されています。

襟を少しだけ立ち上げたボトルネックのデザインがさりげなくおしゃれ。カーディガン感覚で袖口をまくり、裏地のリネンを見せるのもおすすめです。こちらも寒さが厳しくなったら、インナーダウンとしても使えます。

nest Robe
ウールリネンボトルネックジャケット
39,600円(税込)

なめらかさと柔らかさに包まれるコーデュロイシャツジャケット

photo:PLAIN PEOPLE

オリジナルの衣服やセレクトした雑貨や小物、食材などを取り扱うコンセプトストア「PLAIN PEOPLE(プレインピープル)」の一押しも、シンプルなデザインのシャツジャケット。こちらの素材はコーデュロイで、なめらかな手触りとソフトな質感が特徴です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ