無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋冬の眉は重めが正解♡こなれて見える「秋冬の正解まゆ毛」の作り方

こんにちは!RENAです。眉もファッションと同じで、季節ごとに衣替えしていますか?秋冬の寒い季節は、どうしても着ている洋服も厚手のものが増えてくるので、眉毛もそれに合わせて重めにするのが正解なんです。今回は秋冬にぴったりな重めのアイブロウメイクをご紹介していきます♡

メイク

眉山は緩やかカーブで平行眉

重めのアイブロウメイクをする場合、眉山をキッチリと上向きに描いてしまうと、気が強そうで怖い印象に見えてしまいます。

眉山は緩やかなカーブで平行眉を意識して描くと、重めのアイブロウメイクでも凛としたやさしげな印象を与えてくれます。

暗めカラーでモード感のある眉に

春夏はパステルカラーやネオンカラーを多く使う機会が多いですが、秋冬になるとカーキやオレンジ、ボルドーやブラウンなどの暗めのカラーを使うことが多くなります。

アイブロウも、アイシャドウや着る洋服に合わせて暗めの同系色のカラーを使用すると統一感がでますよ♪

オレンジやボルドー、カーキをアイブロウメイクに取り入れたいけれどアイブロウパレットがない場合は、手持ちのマット系アイシャドウで代用するのが◎。

そして暗めカラーを使用する際に注意してほしいのが、眉頭は薄くすること!眉頭を濃くしてしまうと、全体的にもったりとした垢抜けない眉毛になってしまいます。

眉中央から眉尻にかけてだんだん濃くしていくと、自然な仕上がりになります。

いつもよりしっかりとした眉で仕上げる

寒い季節はニットやコートなど、厚手のファッションをすることが多くなりますよね。着ている洋服が厚手なのに、眉毛が薄く細いと顔が負けてしまい、全体的にぼやけた印象になってしまいます。

厚手の洋服を着るときはいつもより太くしっかりとした眉毛にすると、ハッキリとした顔立ちになります。

しっかりと眉を描くにはペンシルを使用するのがおすすめです。

ダークカラーのバウダーで仕上げている上に、眉全体をペンシルでくっきりと描いてしまうと不自然になってしまうので、ペンシルは眉下の眉中央から目尻にかけて使用するのがポイントです。

眉下のみをペンシルで描くことによって眉下が強調され、目と眉毛の間が狭く見えて彫りの深い顔立ちになります。

アイブロウマスカラでサッと軽く仕上げる

いつもより暗めカラーのくっきり眉には、アイブロウマスカラは地毛の黒が少し残るぐらいでサッと軽く流す程度に仕上げます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ