無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理収納アドバイザーおすすめ!ダイソーの超優秀メッシュケースの活用アイデア4選

ダイソーのナイロンメッシュケースをご存じですか?小さめのB6からしっかり入るA4までサイズが豊富にそろっていて、さらに、シンプル・開け閉めスムーズ・中身が見える、と3拍子そろった優秀アイテムなんです!今回は、わが家でも実際にあちこちで愛用している、ダイソーのナイロンメッシュケースの活用アイデアを4つまとめてご紹介します。

100yen

1.ごちゃつくコードやアダプタを分類して

ダイソーのナイロンメッシュケースは、シンプルなグレーのすっきりとしたデザインで、メッシュ状で中身が透けて見えるので、中に何が入っているのか一目でわかるところもGOOD!

同じシリーズでサイズ展開もあり、B6、A5、B5、A4サイズと大小そろっているので、入れたいものに合わせてぴったりの大きさを選べます。

電子機器のアダプタやコードなどは、そのままポイポイと投げ込みするだけだと、ごちゃごちゃになってしまったり、何のコードなのかわからなくなってしまったり…ということも。

そんなときには、種類ごとに分けてこのケースに入れておけば、絡まったりすることなく、必要なときにサッと取り出せるように。

何のコードなのかをタグにラベリングしてケースにつけておくと、用途が一目でわかるので、わかりやすく管理することができます。

2.バラバラしたおもちゃの収納に

パズルのようにバラバラしたパーツがあるおもちゃの収納に、ジップ付き袋を使われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ジップ付き袋なら、細かいパーツも一緒にまとめておけるのは便利ですが、小さい子どもだとチャック部分を自分で閉めるのが難しいので、「ママ閉めて」と毎回言われたり、ちゃんと閉まっていなくて中身が出てしまっていたり…ということも。

それが、このポーチならファスナー部分を引っ張るだけでスッと開け閉めできるので、小さな子どもでもラクラク!

また、本体がメッシュで中身が透けて見えるので、どのおもちゃが入っているのかも一目でわかって、「あのおもちゃどこ?」と聞かれるのを防げるのも◎!

こちらの写真のケースは、細かいおもちゃにぴったりのB6サイズですが、もっと大きいサイズもあるので、入れたいおもちゃに合わせてぴったりのものを選べます。

こういった細かいおもちゃがいくつかある場合は、それぞれメッシュケースに入れて、ボックスに立てておけば、まとめて収納しておくことが可能に。

ファスナーの持ち手にタグをつけてラベリングしておけば、ボックスに立てた状態でも中身がすぐにわかるので、サッと取り出せる収納になりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ