無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏に突然電話を掛けるのがNGな理由

大好きな彼氏に電話して、声を聞きたい時ってありますよね。でも、タイミングが悪いと負担に思われるかもしれない……。では、最適なタイミングや、相手が無言にならない楽しめる話題ってあるのでしょうか?リアライフカウンセラーの藤本シゲユキさんに解説してもらいました。

恋愛・結婚

「彼氏に電話したいけど、どのタイミングで掛ければ良いか分からない」「話したいことがあっても、電話して良いのか迷う」。

こんなふうに考える女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「彼氏に電話したい時にどうしたら良いか」について、お話させていただきます。

なぜ? 電話に出ない彼氏の心理

勇気を出して電話をしてみたけれど、彼氏が出ない。そんなことがあると、ますます掛けづらくなりますよね。

まずは彼氏が電話に出ない場合の心理を、いくつか解説させていただきます。

(1)いきなり電話を掛けてこられるのが嫌だ

「男性は要件のない電話を嫌う」という情報がありますが、これは信ぴょう性に欠けます。

しかし、間違いなく言えることが1つありまして、「いきなり電話を掛けてこられるのが嫌だ」という人は、ここ数年でめちゃめちゃ増えたと思います。

なぜなら、メールが世の中に浸透し、さらにLINEなど便利なコミュニケーションツールが普及してからというもの、仕事でもプライベートでも頻繁に電話をする人が少なくなったからです。

だから、急に電話が掛かってくると、「何事か?」と思って身構えるようになるし、「大した用事もないのに電話してきて……」とイラついてしまうこともあるわけです。

実際、僕もその1人でして、急に掛かってくる電話にストレスを感じる男性は、現代ではかなり多いと思います。

ちなみに、ビジネスシーンにおいても、メールじゃなく電話を使って相手とコミュニケーションを取ろうとする人は、場合によっては仕事ができないと思われたり、疎ましがられてしまうことがあるようです。

(2)気分じゃない

これもよくあります。

別に誰かと話したい気分じゃない時に、急に電話が掛かってきたら、着信があるのを分かっていても、わざと出ないわけです。

電話を掛けてこられるのが嫌な上に、気分じゃないのが重なると、ますます出たくないという気持ちが強くなる人も多いです。

これは、電話してきた相手との仲の良さにはかかわずそういったふうに感じる男性も多いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ