無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アジアンカフェ「ゴンチャ」がJR東京駅構内「グランルーフ フロント」に11月26日オープン

アジアンカフェ「ゴンチャ」が、2020年11月26日(木)JR東京駅構内に初の旗艦店「ゴンチャ 東京駅 グランルーフ フロント店」をオープン。エコバッグや「ゴンチャのお粥」の限定販売や、オープン記念のオリジナルグッズのプレゼントもあります。

グルメ

JR東京駅で7~22時まで営業!仕事の合間や旅の出発前に気軽に立ち寄れるお店

「ゴンチャ」は、香りや風味がとても繊細なお茶本来の美味しさを味わうために、抽出時の湯温や抽出時間を茶葉ごとに変え、香りや鮮度にこだわった上質なティーメニューが自慢のお店。

「ゴンチャ 東京駅 グランルーフ フロント店」は、ゴンチャのコアメニューであるお茶の上質さを表現した、モダンなアジアンテイストをコンセプトにしたお店に。
朝7時から夜22時まで営業しているので、出勤前や出張前には気持ちをONに、帰り道にはOFFにできるような場所に。有意義な一日の始まりや、気分転換などにぴったりのお店です。

また、オーダーカウンターへまでが緩やかなスロープになっているから、大きなお荷物を持っていたりしても大丈夫。旅行への出発前の待ち合わせにも便利です。

「東京駅 グランルーフ フロント店」限定品を販売

ココでしか買えない限定商品も登場します。
お客様とゴンチャをつなぐ「赤いストロー」。そこからはじまる楽しいストーリーを、ユーモア溢れるイラストレーター塩川いづみ氏のイラストで表現した「オリジナル エコバッグLサイズ」1500円(税別)を販売。サイズはH430×W360×D125mm(展開時持ち手を除く)で、折り畳んで持ち歩くことができるエコバッグです。

10月に発売して好評だった「彩々粥 参鶏湯」、「彩々粥 生姜トマト」のベースであるオリジナルのゴンチャのお粥をおうちでも楽しめるように、1食分のパッケージした「ゴンチャのお粥 3個パック」900円(税別)。鶏だしでトロトロになるまでじっくりお米を煮込んだ中華粥は、鶏の旨味が広がるやさしい味わいが特徴。好みの食材をトッピングして味わいたい一品です。

オープン記念!オリジナルグッズプレゼント

オープンを記念して、11月26日(木)~店舗を利用した人に、オリジナルグッズのプレゼントを実施。
11月26日(木)は、先着で限定オリジナルエコバッグ(イラストの種類は選べません)を。エコバッグが終了後は、先着でオリジナルドリンクボトルをプレゼント。
11月27日(金)と28日(土)は、先着でオリジナルドリンクボトル、11月29日(日)以降はオリジナル付箋をプレゼント。
※すべて無くなり次第終了。内容は予告なく変更となる場合があり。

あらゆるシーンに利用できそうな店内で、厳選した茶葉を使って丁寧に抽出した上質なお茶を気軽に楽しみませんか。

■ゴンチャ 東京駅 グランルーフ フロント店
オープン日時:2020年11月26日(木)7時
場所:JR東日本東京駅構内 地下1階 グランルーフ フロント内(東京都千代田区丸の内1-9-1)
時間:7~22時
休み:不定休
HP:https://www.gongcha.co.jp

Text:TAKAKO

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ