無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「太りにくいカラダ」に変える!5つの方法

年末になると食べたり飲んだりする機会が多くなる上、カラダを動かす機会が少なくなるという方が多いのでは。そうなると気になるのが、体重や体脂肪ですよね。
「食べたり飲んだりしても太らないカラダがあればイイな…」と思っている方、今のうちに太りにくいカラダに変えちゃいましょう!
そこで今回は、太りにくいカラダに変える方法を5つお伝えしたいと思います。

美容

忙しくても実践できる!5つの「太りにくいカラダ」に変える方法

それでは早速、「太りにくいカラダ」に変える5つの方法をご紹介していきましょう。これからご紹介する方法は、忙しい人でも実践できる方法です!

その太りにくいカラダに変える方法とは、

の5つです。では一つずつ詳しく解説していきましょう。

方法1:水をこまめに補給すること

まずは水をこまめに補給することです。水を摂ることで血流が促進され、基礎代謝アップに繋げることができると考えられるからです。

それでは、一日にどのくらいの水分補給を行えばよいのでしょうか。

体重1kgにつき、約35ミリリットルの水分量を摂るのが望ましいと言われています。例えば体重が50kgの人ならば、一日に補給すべき水分量は約1.75リットルということになります。

ポイントは、起床後にコップ1杯程度の水を飲むようにすることです。その理由は、寝ている間に大量の水分が失われていると言われているからです。

bybirth.jp

方法2:温かいものを摂るようにすること

「食べると太る」と思われがちですが、実は食べ方をほんの少し変えるだけで、太りにくいカラダに変えることができます。

その方法の1つは、温かい食べ物を摂るようにすることです。温かいものを摂ることで体温を上げることができ、代謝アップ効果をもたらすからです。例えばおそばを食べる場合ならば、「冷たいおそば」ではなく「温かいおそば」を選ぶようにします。

また、「カラダを温める食材」を摂ることも必要です。カラダを温める食材には、ゴボウやカボチャ、ニンジンなどといった地下で育つ根菜類やキムチや納豆、味噌などの発酵食品が挙げられます。

bybirth.jp

方法3:よく噛んで食べること

いつもの食事で、太りにくいカラダに変えるためのもう一つの方法は、よく噛んで食べることです。

よく噛んで食べることで熱が作り出されるようになり、食事誘発性熱産生を高めることができるからです。「食事誘発性熱産生」というのは、食事をする際に発生するエネルギーのことで、一日の総消費エネルギーの10%を占めています。食事をするとカラダが熱くなるのは、食事誘発性熱産生によるものです。

また、よく噛んで食べると満腹中枢に刺激が伝わるようになり、食べ過ぎを防ぐこともできるというメリットがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ