無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リゾートにいるのに地獄…旅行先の下痢、嘔吐、食あたり「必殺予防テク」|実録!トラブルトラベラーMasamiの事件簿Vol.8

旅行・おでかけ

誰もが知らぬ間に陥りやすい食あたり!

【実録! トラブルトラベラーMasamiの事件簿】vol. 8

その事件が起きたのは、大学3年の秋に友達と2人でベトナムとカンボジアへ旅行したときのこと。とにかくトラブル満載の日程をこなし(このエピソードについては次回触れます)、飛行機にも無事に搭乗して「いざ日本へ!」とホッと胸をなでおろしたのもつかの間、私の体に異変が起き始めたのです。もうすぐ着陸となったそのとき……。

急激な寒気に突然襲われ、震えが止まらない!

とはいえ、実は11月で日本もそこそこ寒くなっている時期にもかかわらず、現地が真夏だったので、そのテンションのまま飛行機に乗った私は、友だちの心配もよそに、Tシャツに生足スカートというひとり常夏状態で浮かれていました。(ほんと、若さって怖いですね……)

ということもあり、上着もすべてスーツケースに入れてしまった私が寒さに震えるのも自業自得なのですが、この寒気には、もうひとつ理由があったことを後に知ることに。なぜなら……。

日本到着後、腹痛と全身のかゆみに苦しめられる!

不幸中の幸いといえば、日本に着いてから発症したことくらいですが、現地で口にした何かに当たってしまった模様。そのため、帰宅してからの数日間は、部屋にいる時間よりもトイレにこもっている時間のほうが長いんじゃないかというくらいお腹を下す始末でした。しかも、それだけでなく、じんましんも体のあちこちにできてしまい、とにかくかゆい。

病院で診察してもらった結果、やはり何かの菌が体に入ってしまっているようで、それが血液の中で暴れているとのこと。そのため、さっきまで腕がかゆいと思っていたのに、今度は足がかゆくなるというように、かゆみの原因も血液の流れと一緒に体中を動き回り、薬が効くまでは悶絶状態が続きました。

では、「どうすればいいの?」と思ったあなた!

そこで、何が原因でこういう症状を引き起こしてしまうのかについて、探っていきたいと思います。さっそく、食あたりにならないようにする対策ポイントを見ていきましょう!

その1:氷入りの飲み物をなるべく飲まない!

これはすべての国でしなければいけないということではないので、衛生環境があまりよくないと感じた場所に行った際に気をつけて欲しいことのひとつ。暑い地域に行くとどうしても冷たいものが飲みたくなるものですが、できれば氷なしで飲むのがオススメです。

なぜなら、もし氷に使われている水があまりキレイではなかった場合、それが溶け出した飲み物を飲むということは、その水を飲んでいるのと同じことですよね? いくら生水を飲まないように心がけていても、氷は見落としがちなので、気をつけましょう!

ということで、飲み物をオーダーするときは氷なしで頼むか、入った状態で運ばれてきたとしても、溶ける前に氷だけをスプーンで取り出すかのどちらかで対応してみてください。以前、タイを旅行した際にはこの方法を徹底したおかげで、平穏な日々を過ごすことができましたが、このときの旅行では、調子に乗って氷への注意を完全に怠ったまますべての飲み物を飲んでいたので、これが原因のひとつである可能性はぬぐえません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ