無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気になる彼をドキっとさせる!恋の駆け引き会話テク10パターン♡

恋の駆け引きには会話が重要です。まるで映画のワンシーンのような駆け引きで、気になる彼をドキドキさせてみませんか?恋の駆け引き会話テクを10パターンご紹介いたします。

2018年1月
恋愛・結婚

会話の中で「どこか褒められるところはないかな」という目的意識を持ってみましょう。褒められて不快になる人はいません。常に褒められるところを探すよう意識すると、不自然なく褒められるようになります。

⑤ あなただけを相手に意識させる

特別感を演出

ちょっとした会話の中にも、相手を特別扱いしているようなニュアンスを入れてみましょう。「こんな話ができるのはあなただけ」「他の人にはこんなに話さないのにどうして話しちゃうのかな」など。

Photo by Courtney Hedger / Unsplash

「あなた」の部分を相手の名前にする事で、より特別感がアップします。

⑥ クッション言葉を使う

押し付けがましさが軽減

「食事に行きませんか?」「お手伝いしますよ」などの誘いの言葉を掛ける際には、「もしよかったら〜」のクッション言葉を前置きして疑問形にしましょう。

Photo by ORNELLA BINNI / Unsplash

クッション言葉を使うことで言い方が柔らかくなり、最終的な意思決定を相手に委ねることになります。押し付けがましさが少なくなり、印象がぐんと良くなります。

⑦ 方言は隠さない

親近感を得てもらえやすい

Photo by Meireles Neto / Unsplash

生まれが地方で、方言がある人はラッキーです。方言は隠さずに出していきましょう。方言で話す事で隙があるように見え、親近感を得てもらいやすくなります。気になる男性の前だけで、なまりを出すなども特別感が出て効果的です。

⑧ 誘いの言葉は小さく独り言を

さりげなさが◎

相手との会話中に小さな声で独り言を言います。例えば「お腹がすいてきたなあ」と言って、相手が「じゃあ、一緒に食べに行こうか」となれば一緒に食事に行くことができます。

Photo by Christopher Campbell / Unsplash

相手が乗り気でなければ、その独り言はスルーされるでしょうが、相手の好意を試すときに効果的です。

記事に関するお問い合わせ