無料の会員登録をすると
お気に入りができます

SHELLY、YouTubeで性教育チャンネル開設 「ずっと話したかった」

SHELLYさんが性教育に関するユーチューブチャンネルを開設しました。

エンタメ

23日、タレントのSHELLYさんが「SHELLYのお風呂場」とチャンネル名のユーチューブを開設。

SHELLY

「若い人たちがポジティブな関係を築くための性教育チャンネル」をテーマとして、性教育に関する情報を発信していくことを明かしました。

■性教育のYouTubeを開設

「YouTubeはじめました! ずっと話したかった性教育の話を熱~く語ってます! 『SHELLYのお風呂場』是非ご覧ください!!!!」とツイッターで告知したSHELLYさん。

第1弾として、「SHELLYのお風呂場」というチャンネル名の由来と、性教育に対する思いを綴りました。「取り上げて欲しい話題、 性教育に関する質問などコメントしていってくださいねー!!」とのことで、続々とファンの“気になる”を取り上げてくれていくつもりのようです。

関連記事:性教育ユーチューバー・シオリーヌのMVが話題 「性のTabooを取り去って…」

性教育ユーチューバー・シオリーヌのMVが話題 「性のTabooを取り去って…」

■性教育は風呂場で!

動画では「エロエロチャンネルじゃないぞ」と前置きしつつ、真面目な性教育を行なっていくことを説明。

一見、セクシーなイメージを持つ名前の「お風呂場」は、自分の体の話やプライベートゾーンなど、体のことは裸になるお風呂場で話しやすいからだと説明。医者や産婦人科の人もオススメする場所だそうです。

また、「心を裸にして付き合っていく、本音の話、リアルトークをできる場所」をコンセプトにしていることも語りました。

■「望まない妊娠を無くして…」

SHELLYさんは、最近の望まない妊娠による悲しいニュースなども踏まえ、10〜20代女性に対して性教育を行いたい強い思いを力説。

心打たれたファンからは「性教育に限らずSHELLYさんの考え方大好きです!」「コロナの自粛期間中に妊娠した学生が増えたと書かれてる記事を見ました。性教育は恥ずかしいとかの概念を無くして、望まない妊娠を無くして行かなければならないですね」など共感するコメントが多く寄せられました。

「話しにくい」という大人の事情で曖昧にしてしまうことで不幸に陥ってしまう人を減らしていきたいですよね。

★SHELLYさんのYouTubeはコチラ!

コチラ

(文/fumumu編集部・Amy)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ