無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エコ・ラッピング⑦ 紙皿2枚のふた付きボックスの作りかた

紙皿を使ったラッピングを考案中に、チーズ箱からヒントを得たという円形ボックス。ふたは取り分け皿としても使えるので、大勢の集まりでも重宝しそうなアイデアです。

2018年6月
DIY

トリュフ→紙皿2枚のふた付きボックス

手作りバレンタインチョコのなかでも不動の人気のトリュフ。紙皿を2枚使った円形の箱に詰めましょう。ラベルやシールでいろんな表情を楽しめます。

トリュフやブラウニーetc. 手作りスイーツ別♡正林恵理子さんに教わるエコ・ラッピング術

もうすぐバレンタインです♡「チョコレートは手作りしよう」と考えている人も多いのでは?となると、ラッピングもセルフになります。そこで、身近なものを利用した「エコ・ラッピング」を包装作家(R)の正林恵理子さんに教わりました。あなたの真心がきっと届きます。 撮影/田川智彦
2670

準備するもの

トリュフ
紙皿2枚
レースペーパー(紙皿と同じ大きさのもの)
飾り:ファブリックのカラーコピー(紙皿の平たい部分より小さな円形に切る)

紙皿はギザギザになっている部分をほぼ直角に立ち上げてひだを作る。

ひだをつまみながら底面に強く押しつけて、しっかり立ち上がりの形をつけるのがポイント。

この状態まで立ち上がればOK。もう1枚も同様に立ち上げる。

箱にするほうにレースペーパーを敷く。サイドは自然になじませる。

ふたの表面にカラーコピーを両面テープで貼る。

トリュフを詰めてふたをしたら、細めの丸ゴムにタグを通して輪にし、箱に十字にかけると素敵です。

記事に関するお問い合わせ