無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1週間で7kg痩せなさい!NiziU&TWICEが所属するJYP流[体型管理テク]とは?

エンタメ

大人気のNiziU、TWICEやその妹分ITZYなどが所属する大手芸能事務所「JYP」は、NiziUのメンバーを決定するオーディション番組で数々の名言を残したパク・ジニョンが創設。そんなJYPは所属アーティストの体型管理に厳しいことで有名なのですが、一体どのように管理しているのか、気になる中身をチェックしてみましょう。

|TWICE・モモには「1週間で7kg痩せなさい!」という要求も

TWICEのモモがまだ練習生だったころ、事務所から「1週間で7kg痩せないと出演させない」と言われたというのは有名なエピソード。モモは氷のみを口にして、1週間で7kg減量という過酷なノルマを達成したと言います。

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

「体重が増えることを気にしてツバを飲み込むのもためらわれた」とモモが振り返っているように、当時はかなりメンタル的にも追い込まれていたようです。

|社員食堂の予算は年間約2億円?!

JYPの創設者であるパク・ジニョン自身も、すでに40代後半でありながら、20代や30代の頃から容姿があまり変わっていないのも有名な話。現在もなおアーティストとしての活動も続けていることから、毎日トレーニングをし、食事も強いこだわりを貫く超ストイックな存在として知られています。

J.Y. Park(@asiansoul_jyp)がシェアした投稿

そしてその食へのこだわりはJYPの社員食堂に反映されていて、使用されている食材はすべてオーガニック。しかも所属アーティストや社員には無料で提供しているのです。しかも1年間で社員食堂にかける費用は日本円にして約1.5〜2億円というから驚き。「健康は”食”から」ということを創業者自らが確信しているからこその表れと言えるでしょう。

でも、栄養バランスのいいオーガニック食材を使った社食だって、好きなだけ食べていたら太るはず。そんな疑問を払拭してくれたのが、歌手ペク・アヨンがJYPに所属していた当時にInstagram のストーリーに投稿した1枚の写真になります。「会社(JYP)のご飯は本当に美味しい」というコメントとともに投稿されたその写真には、サラダとスープの他にプレートにのせられた少しの雑穀と少量のおかず数種類のみ…。つまり、「食は大切だけど、体型を管理するために量はきっちり管理しましょう」というのが方針ということがわかります。

アイドルに限らず、自分が最もキレイに見える体型をキープしていくことは大切なこと。過酷なダイエット法そのものは決して真似すべきものではありませんが、JYPが信念としている“食の大切さ”を日頃から意識して、何を食べれば良いかだけではなく、食事の量にも気を配っていきたいものです。<top image:yllyso / Shutterstock.com>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ