無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストレス太りに効くのは? Mattyさんが教える「解毒足ツボ」

体のSOSサインが表れる足裏のツボを刺激して、見た目も内側も、スッキリ軽やかな体を手に入れましょう。ここでは解毒足ツボ・応用編として、“ストレス太り”、“食べすぎ”、“便秘・下痢”といったお悩みに効く足ツボをご紹介。人気足ツボ師・Mattyさんが教えてくれました。

美容

ストレス太り

指先を柔らかくすれば、体が一気に痩せやすく!
ストレスが溜まりすぎると、体が言うことを聞かなくなり、太りやすくなってしまう。「ストレスや心のメンテナンスには、指の裏にある大脳と自律神経のツボが有効です。ストレスを感じている人は、ここがパンパンに硬くなっています。意識していなくても、実はストレスを感じている人も多いため、こまめに押しましょう」

【ストレス太りに効く、解毒足ツボ押しのやり方】
(1)親指は4ブロックに分けて、くまなくケア。

大脳のツボは、親指の腹。親指を縦に4ブロックに分けて、手の人さし指の第二関節で上から下に押し流す。これを10回繰り返す。初めはブチブチと音が鳴っても、繰り返すことで次第に柔らかく、また音も鳴らないように。

(2)残りの指も、一本一本丁寧に押し流す。

自律神経のツボは、親指以外の4本の指の腹。大脳のツボと同じように4ブロックに分けて、押し流す。人さし指から小指まで1本ずつ行い、これを10回繰り返す。痛みを感じる指が多いほど、ストレスが溜まっているサイン。

食べすぎ

消化不良を解消して、太りにくい体質に。
食べすぎた時は、横隔膜が圧迫されて消化不良を起こしやすい。その状態が続くと、それだけで太りやすくなる。「腹十二分目まで食べてしまったら、横隔膜のツボを早めに押して流しましょう。このツボをきちんと押せば、滞っていた消化がスムーズに。また、しゃっくりがよく出る人も、ここを押して早めに対処しましょう」

【食べすぎに効く、解毒足ツボ押しのやり方】
(1)両手で足首下をしっかりプッシュ!

消化に効く横隔膜のツボは、足の甲の高い部分に広く帯状にある。まずは、手の右親指を左側の足首下に、左親指を右側に当てて、それぞれ押す。手の親指以外の指でかかとをしっかりと支えるのもポイント。

(2)端から端まで、同じ力をキープ。

足首下を押した時の力のまま、両手で左右に押しすべらせる。端までいったら、最初の位置から再びスタート。その時、骨に一番近い末梢神経に届くよう、しっかり圧をかけるように。一連の動作を10回繰り返す。

便秘・下痢

腸の運動を正して、頑固な便秘もリセット。
腸の運動が鈍く、あるいは過剰になると、便秘や下痢が引き起こされる。「十二指腸と小腸のツボを押せば、便秘・下痢両方の悩みを解消できます。そのままにしておくと腸内に悪玉菌が増えてしまうため、違和感を覚えたら早めにツボを押すようにしましょう。また、体温と同じ温度の解毒白湯をこまめに飲むことも忘れずに」

【便秘・下痢に効く、解毒足ツボ押しのやり方】
(1)2本の指で、力強くアプローチ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ