無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[後編]旦那さんはあなたを「嫁」と呼びますか?呼び方の疑問とママたちの考え

子育て

他にも夫婦は主従関係ではなく対等な関係であるため、「主人」という言葉に違和感があるママもいるようです。

『うん「夫」。主従関係じゃなくて対等だから』

自身の配偶者を示すときのみ「夫」呼びをすることも

ママスタコミュニティには自身の配偶者のことを示すときは「夫」と言うものの、「主人」や「旦那」も時と場合によって使い分けているという意見も多く寄せられています。

『自分の配偶者を外で表すときは妻か夫。他人の配偶者なら奥さん、奥様、ご主人、ご主人様。自営業、商いしている妻帯者は旦那さん(商店街のおっちゃんたち)みたいなイメージで使い分けている。自分の夫は主人とは言わないし、夫が私を奥さんって外で呼んでいたらなんか嫌だ。けど誰かが「うちの主人が」とか「奥さんが」と言っているのは気にならない』
『自分で呼ぶのは夫。でも他人が呼ぶ場合、妻のことは大概が奥様だよね。奥様の対義語は旦那様じゃないの。それなのになぜ夫は御主人様になるのだろうね。御主人様だと御令室か御夫人が正しい対義語だよね』
『「主人」はあまり言ったことないな。夫って言っている。友達の間は「旦那」。「旦那」も現代に相応しくないけどね』

夫婦仲が良ければ呼び方にこだわらない

ママスタコミュニティには「夫」のことをどのように呼ぼうが問題は実際の夫婦関係がどうであるのかが大切だとの意見も寄せられています。

『仲が良ければいい。いちいち気にしないし、気にしすぎ』
『こんなことにこだわっていることが時代遅れだと思う。ばかばかしい』

夫婦は対等な関係であり男女平等の意識が世の中にもっと浸透したら、配偶者の呼び方で差別的な意味とは捉えず、呼称のひとつとして好きなように表現できるようになるのかもしれません。

男尊女卑を感じているからこそ「嫁」「主人」「旦那」という言葉に抵抗があるのかも

夫婦の呼称に違和感を抱く人もいれば、「家に嫁ぐ」という感覚がなくなった若い世代は「嫁」や「主人」という言葉の意味を深く考えず、聞き慣れた日本語として使用しているのでしょう。男女平等が叫ばれているなかでも、男性優位の潜在意識が「嫁」「主人」「旦那」という呼び方を自然に受け入れているのかもしれません。以前はスチュワーデス、保母さん、看護婦さんと呼ばれていた職業が「客室乗務員」や「キャビンアテンダント」、「保育士」、「看護師」と変わったように、まずは夫婦の呼び方を言葉から意識的に変えていく時代がきているのかもしれませんね。

参考:函館市役所「表現ガイドライン|考えてみましょう ことばの表現

人気記事:【前編】いつも”ママは仲間外れ”の家族。思いやりのない子どもたちの将来が不安

文・ゆかりんご 編集・木村亜希

ゆかりんご
ゆかりんごの記事一覧ページ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ