無料の会員登録をすると
お気に入りができます

出しっぱなしはもう卒業!よく使うモノがサッと片づく便利収納アイテム3選

インテリア

書類をまとめて壁面に貼りつけられるファイル

冷蔵庫の扉に、見返すことがありそうな郵便物や領収書、作りたいレシピなどを貼っているという方も多いはず。けれど、そうした紙類は大きさやデザインがバラバラ。きれいに貼っているつもりでも見映えがよくなかったり、いつの間にか重なりあって見たいものが隠れてしまったりしませんか?

そこでおすすめなのが、キングジムの整理・収納アイテムのシリーズ「SPOT(スポット)」の「ハルファイル」。本体背面に吸盤があり、冷蔵庫のガラス扉やキッチンのタイル壁など、マグネットが付かないところにも貼り付けられるファイルです。郵便物などを収納し、表紙を閉じてスッキリ見せることも、大事なものが入ったところを見開きのまま固定することもできます。

スタンダードのA4変形を含め、全部で4種類の展開です。
写真左のクリップタイプは、表紙にクリップが付いていて、よく見るカレンダーなどを挟んでおけるもの。見開きにするとA3サイズを貼ることができます。
写真右は、A5サイズまでの小さな書類を入れられるポケットがじゃばら状態に7つ付いたポケットタイプ。
ほかに、閉じた状態ならA4サイズの半分ほどで、狭いスペースにも貼ることができるスリムタイプがあります。

さらに、閉じた状態なら、表紙をホワイトボードとして使える優れもの。別売の「ハルファイル マグネットセット」を使用すれば、玄関ドアなどの金属面にも貼れるようになりますよ。

ハルファイル
スタンダード A4 変形 1,400円(税別)
スリム A4 変形1/2  800円(税別)
クリップ A4 変形 1,200円(税別)
ポケット A5 変形 1,000円(税別)
ハルファイル マグネットセット 680円(税別)

置きっぱなしにしがちなものをしまえるスタンド

文房具や読みかけの本、テレビのリモコンなどをテーブルや机の上に置いたままにしてしまい、仕事などの作業を始める前にそれをどかすのが習慣となっている方もいるのでは?

そんな方は、立て看板のような形の「ツールスタンド」を使ってみてみてはいかがでしょう。サイズが異なるポケットがたくさん付いたスタンドで、文房具のほかに眼鏡や電卓、ノート・本など、細々としたものから大きめなものまで収納することができます。

スタンドを広げた内側にもボックスのような収納部分があり、ティッシュボックスやスプレーボトルなど、面積のあるものを入れることも可能。スチール製で軽く、ものを入れたまま楽々持ち運べます。
例えばテレワークのときに使う仕事道具一式を収納するようにすれば、それ以外の時間には机の上にものがない状態を保て、すぐに食事を摂ったり、趣味のアイテムを広げたりできて快適。道具を会社に持っていくためスタンドが空になったというときには、折りたたんで棚などの隙間にしまえます。

こちらは床置きに最適なフロアタイプと、机や棚の上に置きやすいデスクタイプの2種類展開。カラーは、クロ・ベージュの2色があり、インテリアに合ったものが選ぶことができます。

ツールスタンド
フロア 3,980円(税別)
デスク 3,380円(税別)

収納のしやすさはそのままに、スタッキングできるバスケット

蓋がない収納ボックスは開け閉めの手間がなく、ワンアクションで中身の出し入れができるのがメリットですよね。ただ、スタッキングできないタイプは平置きでスペースを取ってしまいます。また、積み重ねられたとしても、出し入れのしやすさが損なわれたら、途端に収納するのが面倒になってしまうもの。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ