無料の会員登録をすると
お気に入りができます

真冬はニット一択!もっさりしないニットの着こなし術

ファッション

洗練見えが叶う! ニットコーデのコツ

すっきり見えが叶うニットコーデ

真冬コーデに欠かせない存在である「ニット」。今の時期は防寒対策を最優先して、毎日ニットの方も多いと思います。あたたかさを実感できるニットは冬に必要不可欠なアイテムです。ですが、「ニットは、どことなくコーデがもっさりしがち……」といったお悩みが多いのも事実。

今回は、ニットを着てももっさり見えない、美人見えが叶うニットコーデのコツを4つご紹介! 早速、みていきましょう。

1. キレイ色ニットを取り入れて、華やかに

出典:WEAR

グリーンやピンク、ブルー、ラベンダーなど、カラフルな色のニットは、ベーシックカラーのボトムに合わせるだけで、洗練された華やかな印象を与えてくれて、もっさり見えないおしゃれコーデが簡単に完成します。

WEAR

こちらは、パープルのボトルネックプルオーバーニットを主役にしたコーデ。鎖骨を美しく見せてくれる衿ぐりと、程よいゆとり感と立体的なシルエットが、大人女性をきれいに演出してくれます。フードファー付きのダウンとラップ風スカートのカラーをベージュで合わせることで、女性らしい柔らかな雰囲気を醸し出しています。

2. トレンドのワンカラーコーデで、おしゃれ見え

出典:WEAR

今季トレンドに挙がっている「ワンカラーコーデ」。ワンカラーコーデとは、一色のみのコーデのこと。例えば「青色」の場合は、ネイビーや、水色、明るい青、くすんだ青などを使ったコーデを指します。ただ、同じような色味で全体の色味を統一させると、のっぺりとした地味な印象になってしまいがち。淡い色と濃い色をバランスよく取り入れて濃淡をつけると、メリハリがついて垢抜けた印象になります。

WEAR

こちらは、ベージュカラーのニットを主役にしたワンカラーコーデ。ともすれば、地味な印象になりがちなカラーのニットですが、首まわりをすっきりと見せてくれるキーネックデザインのケーブルニットなので、もっさり感がありません。また、袖まわりにボリューム感があり、今っぽい雰囲気。

そこに、落ち感のあるサテン生地のセンタープレスパンツを投入することで、大人の上品なリラックスコーデを完成させています。バケツ型バッグとショート丈ブーツのカラーを濃いブラウンにすることで、コーデ全体がぼやけることなく、すっきりとした印象に。

3. 軽やか素材のボトムスを取り入れる

出典:WEAR

どうしても重くなりがちなニットコーデは、ボトムスに軽やかな素材のアイテムを投入すると、もっさり見えを回避できます。

WEAR

こちらは、やや短めのクロップド丈のニットを着用したコーデ。落ち感のあるドロップショルダーで、トレンドライクな一枚です。そこに、動く度にふわりと揺れるプリーツデザインが女性らしく上品な印象を与えてくれる、軽やか素材のスカートを持ってくることで、抜け感が生まれています。広がりすぎないシルエットと、プリーツの縦ラインで美脚効果が期待できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ