無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人な首筋にゾクッ…まとめ髪の正しいスタイリング剤のつけ方

暖かくなってくると、アップスタイルにチャレンジしたくなりますよね。そんなときに悩むのがスタイリング剤。バラバラ崩れてきちゃうのは困るけど、ガチガチに固めるのは古臭い……。そこで、まとめ髪の正しいスタイリング方法を、ヘアメイクアップアーティストの高松由佳さんに教えてもらいました。

写真・大嶋千尋 ヘアメイク・高松由佳 文・三谷真美

ヘアスタイル

まとめ髪の正しいスタイリング剤のつけ方とは?

ゆるっとまとめた大人のまとめ髪を手に入れるためには、スタイリング剤が重要です。でも「どんなタイプのスタイリング剤を、どこにどうつけたらいい?」って悩んでしまいますよね。まとめ髪には、ツヤの出る柔らかい質感のジェルワックスがオススメです。髪にしっかりなじませるとまとまりやすく、かつキープ力が高まります。さっそく、正しいやり方をマスターしましょう!

まとめ髪の正しいジェルワックスのつけ方とは?

1:程よいキープ力のジェルワックスを、パール大1粒半手に取る(a)。手のひら全体になじませ(b)、指の側面にもジェルワックスをなじませる(c)。

2:手ぐしでとかすように、ジェルワックスを毛先全体になじませる。

3:髪の内側から指を通し、内側や襟足にも塗り込む。髪をまとめたときにパラパラ落ちてこないよう、根もとからしっかりなじませて。

4:手に残っているジェルワックスを再度、手のひら全体に広げて、フェイスラインからトップへ髪をとかすようになじませる。

5:髪全体をひとつにまとめ、ねじりながら手に残っているジェルワックスをなじませる。何度か繰り返し、髪全体にまんべんなく行き渡ったらOK。

しなやかなまとめ髪が魅力的

毛先や襟足など髪全体にジェルワックスをきちんとなじませることで、毛束などの動きや髪の流れがきれいになり、ツヤのあるまとめ髪になります。加えて、バサバサにならず、時間が経っても崩れにくいのも大きなポイントです。固めのワックスの場合は、手のひらの体温で柔らかくしてからつけると髪になじみやすくなりますよ。

ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん。
ヘアメイクアップアーティスト・山本浩未さんに3年間師事した後、独立。anan本誌を初めとする数々の美容・ファッション誌にて活躍。なりたい自分になるメイクを紹介した『メイク大全』を監修。(2018年3月、成美堂出版より発売)

モデル
三谷真美

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ