無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目の形で垢抜けメイクは違います♡一重・奥二重・二重別「垢抜けマスクアイメイク」

メイク

マスク着用時のアイメイク、ふだんとどこが違う?

マスクをすると誰でも顔そのものの個性が薄くなるので、アイメイクは印象的に仕上げてOKですが、盛り過ぎメイクは顔全体に合わせたバランスがとりにくく重苦しい印象になりがちです。

また一方で、マスクをして輪郭がぼやけることで、普段より目元もぼんやりと見えてしまうこともあり、実は意外とバランスがとりにくいのがマスク着用時のアイメイク。

では、どうしたらいいのでしょう?まず結論からいうと、目の形にかかわらず、透明感や明るさをプラスするとともに、アイラインなどでしっかり引き締めて目の存在感を際立たせるアイメイクがおすすめです。

ここからは、二重・奥二重・一重さんそれぞれのマスク着用時のアイメイクのコツをそれぞれにイラストで解説します。

二重さんのマスク着用時アイメイク

ポイント

・透明感のあるピンクベージュのアイシャドウをまぶた全体に入れて軽やかに。

・二重の内側に同じピンクブラウンを重ねてワントーンのナチュラルグラデーションに。

・下まぶたにもピンクベージュのアイカラーを。

・アイラインはブラックよりもブラウンを細めに、目尻より2mmはみ出しラインに。

二重さんは、重い色を塗ると目元が目立ち過ぎてしまうので、透明感のあるピンクベージュや薄めのブラウンのアイカラーをまぶた全体に塗り、目の際に同じカラーを重ねてナチュラルなグラデーションにすると抜け感のあるきれいな目元になります。

クリームアイシャドウを指で重ねる方法がおすすめです。

また、下まぶたにも、同じピンクベージュのアイカラーをのせてデカ目効果を。

アイラインはブラウンや濃いめのピンクを目尻より2mmほどはみ出して入れ、目元を引き締めつつ明るさと抜け感のある印象に。

一重さんのマスク着用時アイメイク

ポイント

・重くならないブラウンのアイシャドウを目の際に狭めに入れる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ