無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラサー女子のマスクメイク要注意ポイントはココ!マスクアイメイクの落とし穴&解決テク

メイク

ついやってしまいがちなアイメイク

NGポイント①ベージュ系のアイシャドウ

マスクメイクの際にベージュ系のアイシャドウを使っていませんか?ベージュ系アイシャドウは肌なじみが良く、普段使いにもぴったりですが、マスクメイクに使うと顔色が悪く見えがちです。

NGポイント②上まぶた全体にアイライナー

目元を強調しようとするあまりアイライナーをがっつり引いてしまうと、古臭く見えてしまいます。特に黒いアイライナーは目元が引き締まり過ぎて逆に目が小さく見えてしまう原因に。

NGポイント③まつ毛が下がっている

マスクをしていると、どうしても蒸気でまつ毛のカールが取れやすくなります。マスカラの選び方にも工夫が必要です。

解決メイクのポイント

ポイント①アイシャドウはあたたかみのある色を選ぶ

マスクをしていると顔の半分以上が隠れてしまうので、チークやリップが見えません。なので、アイシャドウの色で顔に血色感をプラスしましょう。

オレンジやピンクなど、あたたかみのあるアイシャドウを選ぶと、マスクをしていても顔全体がパッと明るく見えますよ。

今回はオレンジ系のアイシャドウでアイメイクをしていきます。

ポイント②アイライナーは2本使いで目元に抜け感を

アイライナーは芯の柔らかいジェルタイプ(ペンシルタイプでもOK)と、細いラインを書きやすいリキッドタイプの2種類を使うのがおすすめです。

ジェルアイライナーでまつ毛の隙間を埋めた後、リキッドアイライナーで目尻3分の1にラインを引いていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ