無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分の人生は自分で責任を取る。菜々緒のブレない選択軸

ライフスタイル

取材・文:ameri
撮影:須田卓馬
編集:田島佑香/マイナビウーマン編集部

「今の彼とはいつ結婚するの?」「その仕事はいつまで続けるの?」

20代後半に差し掛かり、ライフステージにまつわる話題が出る回数が増えた。そして、よく聞かれるその質問に答えるのが、だんだんとおっくうになった。

周りの意見が気になってしまって、モヤモヤばかりが積もっていく。じゃあ一体、自分が大切にしている軸って何なのだろう。考えてみても、すぐに答えは出てこない。

「これからの人生、どうやって決断していけばいい?」「本当の幸せって何?」そんな人生の選択軸について、クールでストイックなイメージの強い菜々緒さんに聞いてみた。

平凡な“うさぎ”が誰かを守っている姿に勇気をもらった幼少期

現在、前編が大ヒット公開中の劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」。 2月11日(木・祝)に後編が公開される。

劇中で、地球と月の征服を企むデッド・ムーンの頂点に立つ女王・ネヘレニアの声を演じるのが、女優として活躍している菜々緒さんだ。

かっこいい女性の代表といえる菜々緒さんも、私たちと同じセーラームーン世代。小さい頃から、友達とのまねっこ遊びではセーラームーン役を譲らなかったほど、月野うさぎ(スーパーセーラームーン)のことが大好きだったのだそう。

「変身前のうさぎちゃんは、セーラー戦士の中で一番頼りないキャラ。他のセーラー戦士たちには強みや特技がある中、彼女はへなちょこで。

普段はそんな普通のうさぎちゃんがセーラームーンに変身すると、凛としてリーダーを頑張っている姿や、誰かを助けたり守ったりして使命を全うしている姿には、子どもながらに勇気をもらっていましたね。

私自身、特技も好きなことも突き詰めるものもなく、どちらかというと平凡なキャラクターに近かったからこそ、惹かれたのかな」

彼女はそう言うけれど、私たちからすると菜々緒さんは強くて、かっこよくて、美しい理想の女性そのもの。まさに、“クールビューティー”という言葉がぴったりだ。

でも彼女は、「それはパブリックイメージです。本当の私はすっごく平凡ですよ」と言って微笑む。

「飛び抜けてすごいところがあるわけでもないし、本当に普通なんです。むしろ、平均よりもちょっと下くらい。普通すぎて、どうして私がこの仕事ができているのかな、とたまに不思議に感じるほどです」

「かわいい」「うさぎちゃんみたいになりたい」と思いながら観ていた幼少期とは違い、大人になったタイミングで「美少女戦士セーラームーン」を観たことで、新たに感じることもあったのだそう。

「それぞれのセーラー戦士が抱えている悩みや葛藤が、少しずつ自分と重なる部分があって。

それを一人ひとりが乗り越えていく姿を見ていると、自分も壁を乗り越えられるのではないかと勇気づけられました。大人になってからの方が心に刺さりましたね」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ