無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏の定番、リネンシャツ…初心者さんも簡単! 着こなしコーデ3選 | デキるOLマナー&コーデ術 ♯100

ファッション

定番は白のリネンシャツと、とろみワイドパンツ

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 100

まず初めに一着取り入れるなら、やっぱり定番で使えるのは白のリネンシャツ。リネンシャツは独特のシワ感を生かして着るため、基本的には洗いざらし状態で活用してOKです。初めて着こなすときはつい「シワのせいで着こなし全体がだらしなく見えないかな?」と不安になってしまいやすいので、ボトムはとろみ素材のワイドパンツで適度なキレイめ感を残すと良いでしょう。

襟もとは、デコルテラインが見えるように広めに開けて裾はフロントイン。ウエストを引き締めたい方は締め色のブラックかブラウンの太ベルトでウエストマークしましょう。

黒のリネンシャツワンピで少し辛めに

リネンシャツを取り入れてみたいけれど、ナチュラルっぽくなるのが苦手……。という方はブラックのリネンシャツワンピースが良いですよ。白は柔らかくて優しい印象を与えるのに対し、黒のリネンアイテムは適度な光沢感とスマートさを表現するので、モードなファッションが好きな方は黒を積極的に取り入れてみてくださいね。

リネンはふんわりと空気感を持たせる素材なので、コットン素材よりもたっぷりなボリューム感を出せます。ゴールドのアクセなど光りモノを取り入れることで、軽やかさが生まれるのでアクセ・小物とのバランスを考えながら合わせてみてくださいね。

マオカラーシャツでナチュラルテイスト

リネンシャツを取り入れるなら、思い切り自然体な雰囲気を出したい! という場合は、ギャザーが入ったマオカラータイプのリネンシャツがオススメ。マオカラーは通常の襟と違って、小さな立ち襟が特徴的なシャツなので、胸もとを強調させたくない方にぴったりです。

第一ボタンを開けて、ちょこっと抜け感を出すも良いですし、ボタンを全閉めしてプルオーバーっぽく着こなすのも素敵です。ボトムはふんわりとしたギャザーのロングスカートでとことん優しく自然派な着こなしを楽しんでみてくださいね。

生地たっぷりめのシャツで抜け感を表現しよう

リネンシャツは着心地が良いいっぽうで、着こなしによってはおばちゃんっぽさを醸し出してしまう注意ポイントもあります。薄手のシャツとして羽織って、ボトムはデニムを合わせるだけ……のワンパターンコーデだけでなく、スカート・ワイドパンツ・デニムなどさまざまなアイテムと合わせた着こなしを楽しみましょう。

シャツはできれば、生地面積が広くたっぷりとしたボリュームのあるシャツを選ぶと着こなしやすいですよ。また、適度に首もとを開けたり、手首から肘のラインを見せるなどの露出ある抜け感を表現しましょう。そうすることで野暮ったさが軽減されるので、ぜひ試してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ