無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今っぽ眉はふんわりアーチがポイント♡眉美人が教える「垢抜け眉」になるための3つのコツ

メイク

今っぽ眉のポイントは『ふんわりアーチ』

近頃はあまり作り込みすぎていない地毛感の残ったふんわり眉がトレンドです。しかし、押さえるべきポイントを押さえていないと手入れされていない眉に見えてしまう場合があるのが難しいところです。

今回は、きちんとメイクしつつもふんわりナチュラルな雰囲気が残る眉の作り方をご紹介します。

使用アイテム

今回の眉メイクで使用したアイテムです。

KATE ラスティングデザインアイブロウW(スリム)
極細の芯が特徴で、狙った部分にピンポイントに滑らかな線が描けるアイブロウペンシルです。反対側に同色のパウダーが付いており、1本で2役こなしてくれます。

デジャヴュ アイブロウカラー
デジャヴュのアイブロウマスカラはひと塗りでしっかり発色しナチュラルな眉に仕上がります。細いブラシで地肌にも付きにくいため初心者の方にもおすすめのアイテムです。

POINT①アイブロウペンシルの使い方

それではメイク方法をご紹介していきます。まずはアイブロウペンシルを使った輪郭の描き方です。

アイブロウペンシルで眉の下側を中心に、仕上げたい形の輪郭を描いていきます。

眉の上側はあえて描かずふんわりとした境目を残すことで、地毛感のあるナチュラルな仕上がりになります。

眉の形は骨格に沿った形が自然で美しく見えるため、本来の眉の位置から大きく外れないようにしましょう。

POINT②アイブロウパウダーの使い方

続いてはアイブロウパウダーで眉全体を埋めていきます。

アイブロウペンシルの反対側のパウダー部分を使用し、眉の隙間を埋めていきます。

眉尻から乗せはじめ、眉尻はキリッとシャープになるように少し濃いめに、眉頭に向かってふんわりと淡いグラデーションになるように乗せていくことで、抜け感のある眉になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ