無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1ヶ月で5kg減量に成功したけれど…反面教師にすべき[しくじりダイエット]

美容

「1ヶ月でマイナス5kg!」「3ヶ月で体重12kg減!」など、驚くような成果を上げたダイエットの話題の絶えない韓国の芸能界。でも、その裏には健康被害やリバウンドなどの弊害も隠れているものです。せっかくダイエットに取り組むなら、健康的に痩せるのが一番。そこで今回はダイエットには一旦成功したものの、その弊害を実感した韓国の芸能人たちが自ら明かした、反面教師にすべき【しくじりダイエット】をチェックしてみましょう。

|最も避けるべきは「◯◯だけダイエット」

まずは美しい顔立ちとスタイルの良さで人気の高いガールズグループLABOUM(ラブーム)のソルビンが実践し、約3ヶ月で12kg減量と大きな成果を上げたのが「毎日3食ともひよこ豆だけを摂取する」という驚きのダイエットでした。

本人も「絶対に真似しないで!」と語るほど、裏ではつらい副作用があったそう。ひよこ豆を食べるのにアゴの力を使うので、アゴがとても痛かったのに加えて、胃腸の調子が悪くなってしまったと言います。1つの食品だけだり栄養が偏ってしまうため髪や肌にも悪影響ですし、ソルビンのように健康被害を被るおそれも。やはりダイエット中の食事の基本は、1日3食をバランス良くしっかり食べつつトータルの摂取カロリーを減らすことになります。「手っ取り早く体重が減るから」という安易な理由で「○○だけダイエット」に手を出すのは絶対に回避しましょう。

|リバウンド一直線の「1日1食ダイエット」

スリムな体型をキープする歌手のホン・ジニョンは過去に体型キープの秘訣を聞かれたとき「1日1食ダイエットを行っていた」という過去を告白しました。彼女の場合、単純に1日1回しか食事を摂らないというものではなく、1日1回の食事で食べたいものを吐きたくなるまで食べるというやり方で、毎日12〜14時の間にとにかく食べ物を詰め込んでいたそう。

そんな不自然な食生活に弊害がないわけもなく、本人も「極端すぎてリバウンドが避けられない」と語るほど。さらには「逆流生食道炎や胃炎にかかるおそれもある」と発言して「絶対真似しないで」と警鐘を鳴らしていました。たしかに一度に食べられる食事の量は限られていますから、1食だけ食べたいだけ食べたところで1日の摂取カロリーは抑えることはできるとしても、体に負担をかけてより重大な病気に発展してしまっては本末転倒。やはり1日3食、栄養バランスのとれた適量の食事をきちんと食べることが、一見遠回りに見えても、ヘルシーなダイエット法と言えるでしょう。

例に挙げた2人のダイエット法は少々極端すぎますが、ダイエットも一歩間違えば健康面で大きなリスクがあるとことがよくわかる事例となっています。ぜひ「ダイエットの成功とは継続可能な食事管理と適度な運動でなだらかに体重を落とし、それをキープしていくもの」という点をよく理解してダイエットに取り組むようにしましょうね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ